2017年02月12日

2/12 N響第1856回A定期

パーヴォさんの故郷エストニア、そしてシベリウスでまた新たなる時代の
演奏を聴かせてくれました。

B754BCEF-5E5B-40A5-A2DE-085898CB6744.jpg

ペルト、
バンドネオンはピアソラ等でよく聴きますが
アコーディオンを聴く機会はなかなかない。
小学校の器楽クラブではアコーディオン担当だったんですけどね(^^;
こうしてみると似ているようでやっぱり違います。
大きさも違うし、音色も違う。
ソリストのシドロヴァさんはラトビア出身、とてもエキゾチックな雰囲気を持っていらっしゃいます。
アンコールは前日放送されたものとは違う、マラゲーニャ。
情熱的でアコーディオンとよく合います。

DB8FF3B9-5982-4BA4-A4ED-5153148EC6B5.jpg

そして、メインプログラムのシベ2。
地に足がついた、しっかりとした演奏でした。
テンポの変化という意味ではなく。
この空気感は違う、という方もいらっしゃるだろうなぁと思いつつ、
2番は1番から進化しているとはいえ、前期作品なのだなぁと改めて思った次第。

 🎵ペルト/シルエット ― ギュスターヴ・エッフェルへのオマージュ
  トゥール/アコーディオンと管弦楽のための“プロフェシー”*
  セルゲイ・ヴォイテンコ/リヴェレーション*                                 

  シベリウス/交響曲第2番ニ長調Op.43

  Cond: パーヴォ・ヤルヴィ
  Orch: NHK交響楽団
  *Accordion:クセニア・シドロヴァ


posted by おだまん at 20:41| クラシックコンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする