2015年12月23日

12/23 野口明生×トシバウロン×おおしまゆたか「イーリアン・パイプス入門〜アイルランドのバグパイプを知ろう」イベント


今日はこちらの本の刊行イベントで、下北沢の本屋さんへ。

アイルランド音楽──碧の島から世界へ【CD付き】 -


ここはお酒が飲める本屋さん。
ということで、ギネスを片手に、イーリアンパイプのお話と生演奏をたっぷり堪能してきました。
643450FD-A92A-4C83-92D5-1F3EC2D87A94.jpg

人が奏でる楽器の中で、最も複雑な構造を持つと言われている楽器です。
その取扱いの難しさゆえに、世界のイーリアンパイパーは、約6000人しかいないのだとか。
(それでも昨今のアイリッシュブームで増えているそう)
チューニングに8時間かかるとか、リードが既製品が使えないので、竹から自分で作るとか。
いろいろ。いろいろ。

いやー、憧れの楽器ですが、よきリスナーに留まっておきますわ(^^;

生演奏、しかもこんなに間近で聴くことができてとても幸せでした。
ここのところかなりハートブレイクだったので、
本当に沁みました。

またなにかのイベントがあったら、行ってみたいな。
posted by おだまん at 19:41| ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする