2017年01月29日

1/29 N響第1855回A定期



24A1ACC6-FB83-4C83-A7CD-F92FACF42B7F.jpg



年間の中でもダントツで楽しみにしていたプログラム。
もちろんお目当ては吹奏楽では有名な、フサの
プラハ1968年のための音楽管弦楽曲版。
フサの追悼公演となってしまいましたが。。。

マルティヌーもらしくて、とてもよい曲でした。
内容を知ってしまうとよい、といっていいのか
分からなくなってしまいますが、でもいい曲。

そして、楽しみにしていたプラハ。
とにかく第3楽章につきますね。
パーカッションの凄まじさ。

そして、直前まですっかり失念していたメインの
ブラームスのヴァイオリンコンチェルト。
どうして、この曲、という疑問があったのですが、
前日のFM放送での解説で
ベートーヴェンの「運命動機」のモチーフときいて
おお、なるほどーという感じ。
すごいプログラミングだなぁ。

それにしても、あの曲を聴いてしまった後のブラームスが
なんて繊細に聴こえることか。
個人的にはフサの余韻で十分でしたけどね。


🎵マルティヌー/リディツェへの追悼(1943)
フサ/プラハ1968年のための音楽(管弦楽版╱1969)
ブラームス/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
【ソリスト・アンコール】イザイ/無伴奏ヴァイオリンソナタ
Cond:下野竜也
Vn:クリストフ・バラーティ

posted by おだまん at 23:00| クラシックコンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする