2013年09月08日

9/4ベストオブクラシック BBCフィルハーモニック演奏会

気になっていた演奏会でした。

佐渡裕と辻井さんのコンビはさすが。
そして、プログラムにはなかった、東日本大震災の追悼の念がこもった
ニムロッド。
演奏者たちの思いがしみじみ伝わってくる演奏でした。
東京にオリンピックは決まりましたが
この思いが忘れられずにいかされることを願っています。


 るんるんBBCフィルハーモニック演奏会        
  エルガー/変奏曲“なぞ”から“ニムロッド”
  ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op18
  ベルリオーズ/幻想交響曲Op14
  佐渡裕
  BBCフィルハーモニック
  Pf:辻井伸行
  〜東京・サントリーホールで収録〜            
  (2013年4月23日)
posted by おだまん at 23:00| FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

9/8ベストオブクラシック −チェ・ヒョンス バリトン・リサイタル−

韓国、いやアジアを誇る世界のホープ、チェ・ヒョンス。
その力量を見せ付けるべく、幅広いジャンルからの
選曲になっています。
その中でもやはり、韓国の歌が突出。思い入れが違う。
韓国語でもアカシアはアカシアなのですね。

るんるんチェ・ヒョンス バリトン・リサイタル −
 ▽イタリア古典歌曲
「いとしい人から遠くはなれて」         サルティ作曲
                       (3分10秒)
「優しい森」                 カルダーラ作曲
                       (2分51秒)
「かおり高いすみれよ」  アレッサンドロ・スカルラッティ作曲
                       (2分32秒)
 ▽聖なる歌
「アヴェ・マリア」              カッチーニ作曲
                       (3分52秒)
「アヴェ・マリア」             シューベルト作曲
                       (4分34秒)
「オラトリオ“エリア”から“主よ足れり”」
                    メンデルスゾーン作曲
                       (5分01秒)
 ▽シューベルトの歌曲
「歌曲集“美しい水車屋の娘”作品25から
           “第6曲 うたがい”」シューベルト作曲
                       (4分03秒)
「野ばら」                 シューベルト作曲
                       (1分58秒)
「魔王」                  シューベルト作曲
                       (4分01秒)
 ▽韓国の歌
「アカシヤの花」              キム・ソンギ作曲
                       (2分07秒)
「母さん、姉さん、川のほとりで暮らしましょう」
                      イ・ヨンジョ作曲
                       (3分58秒)
「愛さずにいられない」           キム・ドンファン
                       (1分57秒)
 ▽トスティの歌曲
「秘密」                    トスティ作曲
                       (4分28秒)
「4月」                    トスティ作曲
                       (3分58秒)
「最後の歌」                  トスティ作曲
                       (4分35秒)
 ▽ナポリ民謡
「禁じられた音楽」             ガスタルドン作曲
                       (3分49秒)
「つれない心」       サルヴァトーレ・カルディルロ作曲
                       (4分10秒)
「彼女に告げてよ」              ファルヴォ作曲
                       (3分24秒)
                 (バリトン)チェ・ヒョンス
                   (ピアノ)キム・ドソク
  〜東京オペラシティ・コンサートホールで収録〜
                   <2008/3/23>

「セレナード」                 トスティ作曲
                       (3分25秒)
                 (バリトン)チェ・ヒョンス
                   (ピアノ)キム・ドッキ
     <Seoul Records SRCD−1033>

posted by おだまん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

9/2 ベストオブクラシック・セレクション −マリインスキー・ブラス・アンサンブル−

ゲルギエフ率いる、マリインスキー管弦楽団のブラスアンサンブルによる
ロシアプログラム!
11人の金管と、2人のパーカッションで繰り広げられる
後半のメイン、祝典序曲と、展覧会の絵が圧巻でした。
どうして、この2曲を最初から最後までこのテンションでいけるのだ〜

さすがです。

 − マリインスキー・ブラス・アンサンブル −

「歌劇“ムラーダ”から“貴族たちの行列”」
        リムスキー・コルサコフ作曲、マルティノフ編曲
                       (4分27秒)
「歌劇“ホヴァンシチナ”から“モスクワ河の夜明け”」
              ムソルグスキー作曲、ポージン編曲
                       (5分10秒)
「交響詩“はげ山の一夜”」 ムソルグスキー作曲、ポージン編曲
                       (8分15秒)
「映画音楽“馬あぶ”から“民俗の祭典”」
            ショスタコーヴィチ作曲、ポージン編曲
                       (2分15秒)
「組曲“おとぎ話のイメージ”から」       オブロフ作曲
   ・バーバ・ヤガー
   ・アリョーヌシュカ
   ・サルタン王
                      (13分40秒)
「祝典序曲 作品96」 ショスタコーヴィチ作曲、イワノフ編曲
                       (6分20秒)
「組曲“展覧会の絵”」  ムソルグスキー作曲、レプニコフ編曲
                      (31分45秒)

        (演奏)マリインスキー・ブラス・アンサンブル
               (指揮)アレクセイ・レプニコフ

  〜東京・すみだトリフォニーホールで収録〜
                   <2007/11/2>

「舞踏組曲“ガイーヌ”から“つるぎの舞”」
                    ハチャトゥリヤン作曲
                       (2分10秒)
              (管弦楽)キーロフ歌劇場管弦楽団
                (指揮)ワレリー・ゲルギエフ
          <PHILIPS PHCP−21033>

「スラヴ行進曲」            チャイコフスキー作曲
                      (10分10秒)
              (管弦楽)キーロフ歌劇場管弦楽団
                (指揮)ワレリー・ゲルギエフ
          <PHILIPS PHCP−20237>

posted by おだまん at 20:26| Comment(0) | TrackBack(1) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

クリスティアン・ゲルハーヘル バリトン・リサイタル

  2008.6.18
るんるんベストオブクラシック
  −クリスティアン・ゲルハーヘル バリトン・リサイタル−
  シューベルト/歌曲集「冬の旅」D.911全曲
  Br:クリスティアン・ゲルハーヘル,Pf:ゲロルト・フーバー
  2008/02/01 東京・王子ホール

  シューベルト/「墓堀人の郷愁」D.842 
  シューベルト/「夜の曲」D.672          
  シューベルト/「月に寄す」D.193        
  シューベルト/「春に」D.882
  Br:クリスティアン・ゲルハーヘル,Pf:ゲロルト・フーバー
  ARTE−NOVA−CLASSICS BVCE−38062

ミーハーなので爆弾
ゲルハーヘルってお医者さんだったのですね。
ボロディンといい、音楽家には医者が多い。
右脳が関係あるんだろうか・・・とか思ってしまうけど
声の才能は関係ないだろうなぁ、いやいや、この方の声は本当にすばらしい。
そんな彼の「冬の旅」
陰鬱な若者の心情がせつせつと伝わってくる。
本当に美しいのです。

posted by おだまん at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

名曲のたのしみ/チャイコフスキー その音楽と生涯(9)

名曲のたのしみ/吉田 秀和
チャイコフスキー その音楽と生涯(9)

るんるんチャイコフスキー/幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」Op.32
  アントニオ・パッパーノ/ローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団
  TOCE−55927>

  チャイコフスキー/四季 作品37b「一月。炉ばたで」〜
                  「七月。刈り入れの歌」
  Pf:ウラディーミル・アシュケナージ
  POCL−1903

フランチェスカ・ダ・リミニはダンテの「神曲」地獄編第5歌
による、フランチェスカという13世紀に実在した美女の悲恋物語。
パッパーノは実に熱情的にこの曲を表現しています。

対してロマンティックなピアノ曲「四季」から。
雑誌「ヌーヴェリスト」の1876年号に季節にちなんだ詩とともに
曲を掲載する企画のために作られました。
これも秋の夜にほっとする時間を与えてくれました。


posted by おだまん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

名曲のたのしみ/チャイコフスキー その音楽と生涯(7)

名曲のたのしみ/吉田 秀和
チャイコフスキー その音楽と生涯(7)


るんるんチャイコフスキー/幻想曲「運命」作品77          ミハイル・プレトニョフ/ロシア・ナショナル管弦楽団
  UCCG-4234
  1996
 チャイコフスキー/弦楽四重奏曲第2番ヘ長調 作品22
  ボロディン弦楽四重奏団
  WPCS-10838
  1993

作品番号は77となっていますが、
チャイコフスキーが27のとき書いた幻想曲「運命」
バラキレフに献呈し1869年に初演されたものの、その後スコアを破棄し、
生前に演奏されることはありませんでした。
この曲には何かやはり運命があったのでしょうか。


弦楽四重奏曲は現在一番演奏される機会が少ないにもかかわらず
作曲家本人はとてもこの作品に満足していたのだとか。
確かに聴くのは第1番(アンダンテ・カンタービレが入っている方)ですね(^^;
こちらもいろいろな表情のチャイコフスキーらしさが
ちりばめられている素敵な曲でした。





posted by おだまん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

今日は一日吹奏楽三昧2

つづき。

今のトレンドはぜんぜん分かりません爆弾
あ、今度演奏会で吹く曲は分かりますが。

本当に自分は現役吹奏楽団員なのでしょうか爆弾爆弾

最後は、ちょっと吹奏楽からは離れてしまいますが
ジャンルを超えて演奏のすばらしさの歴史を感じます。


るんるん第5部【リクエスト〜現在吹奏楽事情】
  真島俊夫/「鳳凰が舞う」<改訂版>
   福本信太郎/アンサンブル・リベルテ吹奏楽団
  清水大輔/セレブレイト
   福本信太郎/アンサンブル・リベルテ吹奏楽団
  樽屋雅徳/マゼランの未知なる大陸への挑戦
   加養浩幸/土気シビックウィンド・オーケストラ
  広瀬勇人/ブレーメンの音楽隊
   アレックス・シリングス/ヨハン・ウィレム・フリソ軍楽隊,語り:朝岡聡
  ヴァンデルロースト/マーチ「アルセナール」
   ヤン・ヴァンデルロースト/大阪市音楽団
  フィリップ・スパーク/センチュリオン
   アレックス・シリングス/ヨハン・ウィレム・フリソ軍楽隊
  ピーター・グラハム/ゲールフォース
   丸谷明夫/なにわ《オーケストラル》ウィンズ


るんるん第6部【バンドを始めよう!】
  ザ・グルーヴ・マーチャント/ジェローム・リチャードソン
   サド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズ・オーケストラ
  マンテカ/ディジー・ガレスピー/チャノ・ポゾ・ゴンサレス
   ディジー・ガレスピー楽団
  ザ・ムーチ/デューク・エリントン/アーヴィング・ミルズ
   デューク・エリントン楽団
  キュート/ニール・ヘフティ
   カウント・ベイシー楽団
  オール・アバウト・ロージー/ジョージ・ラッセル
   ジェリー・マリガン・コンサート・ジャズバンド
  サックス・ノー・エンド/フランシー・ボーラン
   ケニー・クラーク=フランシー・ボーラン・ビッグバンド
  スピニング・ホイール/デーヴィッド・クレイトン・トーマス
   ブラッド、スウェット&ティアーズ
  黒い炎/ビル・チェイス/テリー・リチャーズ
   チェイス
  アイアンサイド/クインシー・ジョーンズ
   クインシー・ジョーンズ楽団
  スクィブ・ケイクス/チェスター・トンプソン
   タワー・オブ・パワー
  愛するデューク/スティービー・ワンダー
   スティービー・ワンダー
  セプテンバー/M・ホワイト/A・マッケイ/A・ウィリス
   アース・ウィンド&ファイアー
  エアメイル・スペシャル/チャーリー・クリスチャン/ベニー・グッドマン/ジミー・マンディ
   ライオネル・ハンプトン楽団
  リバティ・シティ/ジャコ・パストリアス
   ジャコ・パストリアス・ワード・オブ・マウス
  アスファルト・タンゴ/アドリアン・シカル
   ファンファーレ・チョカリーア
  マラゲーニャ/エルネスト・レクオーナ
   ブラスト!
  バードランド/ジョー・ザヴィヌル
   メイナード・ファーガソン楽団

posted by おだまん at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

今日は一日吹奏楽三昧

FMの三昧シリーズ、今回は吹奏楽!
前半はだいたい音源があるらしい?けど
それは記録として。

特に第3部、第4部は
貴重な記録になるハズです。
昔のギャルドは本当にすごいなぁ。


るんるん第1部【わたしも吹奏族】
  モアトン/メダリオン
   ハリー・モティマー/フォーデンズ・バンド 
  グッドウィン/素晴らしきヒコーキ野郎
   ダブルパワーブラスオーケストラ
  ホール/デス・オア・グローリー
   グライムソープ・コリアリー・バンド
  バグレイ/国民の象徴
   アンソニー・A・ミッチェル少佐/アメリカ海軍軍楽隊
  アルフォード/海兵隊
   フルトン/ロイヤル・グランド・ブラス・バンド
  アルフォード/ナイルの守り
   J・P・ラロ少佐/オランダ王立海軍軍楽隊
  古関裕而/スポーツ・ショー行進曲
   吉永雅弘/陸上自衛隊第1音楽隊
  ヴァーツラフ・ネリベル/二つの交響的断章
   佐渡裕/シエナ・ウィンド・オーケストラ
  ロバート・ジェイガー/シンフォニア・ノビリッシマ
   佐渡裕/シエナ・ウィンド・オーケストラ
  アルフレッド・リードアレルヤ!ラウダムス・テ
   フレデリック・フェネル/ダラス・ウィンド・シンフォニー
  コダーイ/組曲「ハーリ・ヤーノシュ」から
   佐渡裕/龍谷大学吹奏楽部
  アルフレッド・リード/アルメニアン・ダンス パート1
   佐渡裕/シエナ・ウィンド・オーケストラ
  ロルフ・ルディン/詩のない歌
   佐渡裕/シエナ・ウィンド・オーケストラ
  ルイ・プリマ/シング・シング・シング
   佐渡裕/シエナ・ウィンド・オーケストラ
  マッコイ/アフリカン・シンフォニー
   岩井直溥/東京佼成ウィンド・オーケストラ
  ヒンデミット/交響曲変ロ調
   フェレデリック・フェネル/イーストマン・ウィンド・アンサンブル
  グレンジャー/リンカンシャーの花束
   サイモン・ラトル/バーミンガム市交響楽団


るんるん第2部【リクエスト】
  ジェームズ・バーンズ/アルヴァマー序曲
   フレデリック・フェネル/東京佼成ウィンド・オーケストラ
  酒井格たなばた
   ヤン・デ・ハーン/オランダ王立空軍軍楽隊
  ウィルソン/76本のトロンボーン
   ジェフリー・サイモン /ロンドンの7つのオーケストラの16人のトロンボーン奏者たちをはじめとする合計76人のトロンボーン奏者たち
  ミッチェル/大草原の歌
   汐澤安彦/東京アカデミック・ウィンド・オーケストラ
  タイケ/旧友
   ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管楽アンサンブル
  アルフレッド・リード/音楽祭のプレリュード
   ジャック・スタンプ/キーストン・ウィンド・アンサンブル
  コウディル/吹奏楽のための民話
   兼田敏/東京佼成吹奏楽団
  東海林修/ディスコキッド
   手塚幸紀/東京佼成ウィンド・オーケストラ
  フェスティバル・ヴァリエーションズ/クロード・トーマス・スミス
   アーノルド・ゲイブリエル大佐/アメリカ空軍軍楽隊(ワシントンD.C.


るんるん第3部【ああ、懐かしの吹奏楽】
  オスターリング/バンドロジー
  上岡洋一/砂丘の曙
  岩井直溥/ポップス描写曲「メインストリートで」
  保科 洋/吹奏楽のためのカプリス<2005年改訂版>
  クレストン/プレリュードとダンス
  マクベス/ドラマティコ
  ジェイガー/第2組曲
  ウィリアムズ/ザ・シンフォニアンズ
  渡邊一正/東京フィルハーモニー交響楽団管打楽器セクション
  2007年3月4日 NHK 509スタジオにて収録

  ワーグナー/「歌劇「ローエングリン」から「エルザの大聖堂への行列」
   酒井正幸/東京都豊島区立第十中学校吹奏楽部
  スウェアリンジェン/狂詩曲「ノヴェナ」
   エドワード・ピーターセン/ワシントン・ウィンズ

るんるん第4部【栄光のギャルド、幻の名演奏!】
  ラ・マルセイエーズ
   フランソア・ジュリアン・ブラン/ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団

  ベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」
   フランソア・ジュリアン・ブラン/ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団
  リスト/ハンガリー狂詩曲第2番
   フランソア・ジュリアン・ブラン/ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団
  須摩洋朔/行進曲「大空」
   須摩洋朔/ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団
  ムソルグスキー/交響詩「はげ山の一夜」
   須摩洋朔/ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団
  レスピーギ/交響詩「ローマの松」
   フランソア・ジュリアン・ブラン/ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団
  ビゼー/「アルルの女」組曲第2番から
      「田園曲」「間奏曲」「ファランドール」
   フランソア・ジュリアン・ブラン/ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団
  ラヴェル/ボレロ
   フランソア・ジュリアン・ブラン/ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団
  ロッシーニ/歌劇「ウィリアム・テル」序曲
   フランソア・ジュリアン・ブラン/ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団
  1961年11月11日(土) 東京文化会館での実況収録



posted by おだまん at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

ベストオブクラシック〜シベリウス/交響曲第1番ホ短調Op.39

シベリウスイヤーにちなんでの
シベリウス・ウィークです。
ベルゲン音楽祭から、オラモ&フィンランド放送so.。
シベリウスの土着の香りがぷんぷんする演奏。
聴く方もアツくなってきます。
今週はこの特集聞き逃せません。

前半は2006年6月2日ノルウェー・ベルゲン グリーグホール
後半は2006年5月12日、フィンランド・ヘルシンキフィンランディアホールにて。

るんるんシベリウス/交響曲第1番ホ短調Op.39
  シベリウス/交響曲第3番ハ長調Op.52
  シベリウス/交響詩「フィンランディア」Op.26  

  シベリウス/バイオリンと管弦楽のための2つのセレナードOp.69
  サカリ・オラモ/フィンランド放送交響楽団
  Vn:パトリツィア・コパチンスカヤ
             
posted by おだまん at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

現代の音楽〜アンサンブル・ヴィエナ・コラージュ演奏会

2006年12月10日、神奈川県立奏楽堂での
ウィーン・フィル奏者を中心とした超絶技巧のアンサンブル演奏会。
前回を聴きそこなってしまったのですが、今回のプログラムも
非常に聴き応えがありました。

私的に聴きたかったのが2曲目なんですが、一番おもしろかったのが1曲目。
世界初演で作者自身の指揮によるデイ・アフター・ザ・レイン。
ヴォーカルにのせて、弦、ピアノ、アコーディオン、クラリネットなどの
力強いサウンドが曲を織りなしていきます。
今回は英語での朗読でしたがテキストは4ヶ国語、オリジナルがポーランド語、英語ドイツ語、フランス語なのだそうです。

子供は聴きながら無意識に拍子をとったりしていましたが、
子供にとって現代音楽っては聴きやすいものなんでしょうかね??


るんるんアンサンブル・ヴィエナ・コラージュ演奏会から
  スタール/デイ・アフター・ザ・レイン
  ヴィソツキ/アルトフルート、ビオラ、チェロ、バスクラリネットのためのエチュード
  ヴィソツキ/フルート、クラリネット、ピアノ、アコーディオンのためのエチュード
  野平一郎/響きの連鎖2
  アンサンブル・ヴィエナ・コラージュ
  LIVE
posted by おだまん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

バイロイト音楽祭2006 ワーグナー/舞台神聖祭典劇「パルシファル」

年末恒例のバイロイト音楽祭。
今年はまっとうに第9も聴きましたが(^^;

聴きやすい時間帯だったのにもかかわらず、今年はリングその他は
聴けなくて、最後の最後でやっと聴けました。
でも、これなくしては年が越せません爆弾
アダム・フィッシャーの再演も楽しみでしたが
期待は裏切られませんでした(^^)
心穏やかに新年を迎えられそうです。
2006年8月2日、バイロイト祝祭劇場にて


るんるんワーグナー/舞台神聖祭典劇「パルシファル」
  アダム・フィッシャー/バイロイト祝祭o,cho.
  アンフォルタス…(バリトン)アレクサンダー・マルコ・ブールメスター
  ティトゥレル…(バス)ユルキ・コルホネン
  グルネマンツ…(バス)ローベルト・ホル
  パルシファル…(テノール)アルフォンス・エーベルツ
  クリングゾル…(バス)ジョン・ウェグナー
  クンドリ…(ソプラノ)エヴェリン・ヘルリツィウス
  聖杯守護の第一の騎士…(テノール)クレメンス・ビーバー
  聖杯守護の第二の騎士…(バス)ヨン・サミュエル
  四人の小姓…ユリア・ボルヒェルト,アタラ・シェック
        ノルベルト・エルンスト,ヘルムート・パンプフ
  クリングゾルに仕えるみこ(巫女)…ユリア・ボルヒェルト,マルティーナ・リューピング
                   カローラ・グーバー,アンナ・コロンディ
                   ユッタ・マリア・ベーネルト
                   アタラ・シェック
  アルト・ソロ…(アルト)ジモーネ・シュレーダー
  聖杯騎士団・青年とこどもたち

  
posted by おだまん at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

第1581回N響定期公演

ノリントンのRVW。ぜひ聴いてみたかった組み合わせ。
ベートーヴェンの庄司紗矢香さんのヴァイオリン協奏曲、若さあふれたのびやかな演奏。

RVWの5番は1番ほど派手じゃないけど
穏やかでもなく、イギリスの「強さ」が見られる曲。
ぴったりとはまっていたのでは。


るんるん第1581回N響定期公演
  ベートーベン/バイオリン協奏曲ニ長調作品61
  Vn:庄司紗矢香
  ヴォーン・ウィリアムズ/交響曲第5番ニ長調 
  ロジャー・ノリントン/NHK交響楽団
posted by おだまん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

NHK音楽祭2006/ルイージ ウィーン交響楽団

たまにはFMも聴かなくっちゃ、ということで
新しくカテゴリを作りましたわーい(嬉しい顔)

NHKホールからの中継。
なかなか行くことは難しいけれど
家でリラックスしながら聴けるのも生中継のよさ。

少し疲れている心にはモーツァルトの音楽が
自然に入ってきます。
木管のやさしい響き。
ピアノもすばらしい演奏でした。


るんるんNHK音楽祭2006/ルイージ ウィーン交響楽団
  モーツァルト/歌劇“フィガロの結婚”序曲 K.492
  モーツァルト/ピアノ協奏曲 第22番 変ホ長調 K.482
  Pf:上原 彩子
  モーツァルト/交響曲 第40番 ト短調 K.550
  ルイージ/ウィーン交響楽団
posted by おだまん at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | FM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする