2015年04月12日

家宝来たる

たぶん今年最大の散財の予定。
BCJのカンタータ全集。

 

去年の最初のリリースはお値段が雲の上すぎて目にもとまらなかったのですが

秋から年末にかけて、古楽がマイブームにきたところで再発売のニュースを聞いて、

それでもやっぱり高いから無理と思っていたのですが。

 

マイブーム+年のせいか、教会歴に合わせてカンタータを聴く、というのをやってみたくなったのと、実はバッハのカンタータは数曲しか持ってないことに気付いたのと。

で、ふつふつと物欲が。

 

カンタータ全集を物色した結果、ガーディナーの巡礼BOXが気になったのですが、某サイトでは買えなくて。

ガーディナーのカンタータは1枚だけど持っているし。たいしたダブりじゃないけど(^^;

BCJのカンタータは昔生で聴きに行ったことがあり、心に残っていた。

カンタータ以外のBCJは数枚持っているのでその質はよく分かっています。

 

完全受注生産であとでほしくなっても入手が難しいだろうなということと、

去年SACDプレーヤーを買ってしまっていたことが後押しとなり、

清水の舞台から飛び降りてみましたよ〜

 

当初の発売予定から1か月待たされましたが、やっと届きました。

 

ちょうど復活節第1主日ということで早速42番と67番を。

うん、やはり素晴らしいです。


クーポンで世俗カンタータも揃うし♪

#そういえば偶然にも名曲アルバムでBCJのコーヒーカンタータが流れていました。

1年では聴きけれないとは思いますが、
ゆっくり聴いていきたいと思います。

84AA2A7B-7B94-4CC6-AB0B-6D8834E4D22A.jpg
posted by おだまん at 16:52| 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

C147-2 モンテヴェルディ/オルフェオ

るんるんモンテヴェルディ/オルフェオ
  リナルド・アレッサンドリーニ
  コンチェルト・イタリアーノ
  Br:フリオ・ザナージ,S:アンナ・シンボーリ
  A:サラ・ミンガルド,S:モニカ・ピッチニーニ
  Bs:セルジョ・フォレスティ,アントーニオ・アベーテ
  T:ルカ・ドルドロ
  07年
  NAIVE - OP30439

OP30439.jpg



ギリシア神話の有名な物語です。
フィレンツェで試みられていたレチタティーヴォを
主とする歌劇の様式を継承しつつも
より器楽部分の充実、歌唱部分の旋律の豊かさによって
ドラマティックな表現で、歌劇隆盛の出発点になった作品。
初演400年を記念するアルバムですが、
そんな昔の音楽とは思えないほど華やかでドラマティックな感動。
器楽と声楽の一体感がとてもよいです。

posted by おだまん at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

C145-3 バッハ/カンタータ第131番、第150番、他

るんるんカンタータ第131番、第150番、他
  パーセル/アンセム「主よ、われらの罪を思い出したもうことなかれ」
  パーセル/メアリー女王の葬送ための音楽
  パーセル/アンセム「主よ、我が祈りを聞き給え」
  バッハ/カンタータ第131番「深き淵よりわれ汝に呼ばわる、主よ」
  ヨハン・ルートヴィヒ・バッハ/モテット
   「Wir wissen, so unser irdisches Haus」
  バッハ/カンタータ第150番「主よ、われは汝を求む」
  トーマス・ヘンゲルブロック/バルタザール・ノイマン合唱団&アンサンブル
  07年
  DEUTSCHE HARMONIA MUNDI - 88697115702

88697115702.jpg


ヘンゲルブロックの研究している「人間の願望と、死との接触」
をテーマにした作品。
パーセルのアンセムと、バッハのカンタータ。
「生の喜び、死の芸術」というタイトルで国内盤が
リリースされるようです。
パーセルの代表作「メアリー女王の葬送ための音楽」
美しくもほの暗い金管と合唱とティンパニのアンサンブルが
まじめで厳粛にしっくりと溶け合い、
とても落ち着くのです。

posted by おだまん at 18:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

ツィポリ/鍵盤作品全集

るんるんツィポリ/鍵盤作品全集
  ツィポリ/ニ調によるトッカータ、4つのヴェルソ、カンツォーナ[及びマニフィカト]
  ツィポリ/11のヴェルソ
  ツィポリ/ハ調による4つのヴェルソとカンツォーナ[及びマニフィカト]
  ツィポリ/ヘ調による4つのヴェルソとカンツォーナ
  ツィポリ/ホ長による4つのヴェルソとカンツォーナ[及びマニフィカト]
  ツィポリ/ト調による4つのヴェルソとカンツォーナ及び賛歌[イエスの甘き思い出]
  ツィポリ/アッレヴァツィオーネ(I,ヘ調)
  ツィポリ/私の肉(身体)を食する者:コムニオ
  ツィポリ/アル・ポスト・コムニオ(ヘ調)
  ツィポリ/二声によるアンティフォナ:アヴェ・ヴェルム・コルプス
  ツィポリ/アッレヴァツィオーネ(II,ハ調)
  ツィポリ/オッフェルトリオ(ハ調)
  ツィポリ/パストラーレ(ハ調)
  ツィポリ/ソナタ ロ短調
  ツィポリ/ソナタ ト短調
  ジョヴァンニ・ジャコモ・ガストルディ/舞曲 Lo Sdegnato
  ツィポリ/ソナタ ハ長調
  作曲者不詳/民謡 Della vanita del mondo
  ツィポリ/パルティータ ハ長調
  ツィポリ/ソナタ ニ短調
  ツィポリ/パルティータ イ短調
  ツィポリ/スペインのドメニコ修道会の皇帝のレティラーダ
  クラヴィOrg:クラウディオ・ブリツィ
  アンサンブル「サルヴェ・フェスタ・ディエス」
  04-06
  CMCD-20082〜3

CMCD-20082〜3.jpg


イエズス会の修道士としてアルゼンチンで活動したドミニコ・ツィポリ(1688〜1726)はイタリアの作曲家、オルガン奏者。
彼の鍵盤作品は、対位法とイタリア・オルガン音楽の伝統を守りながら、協奏的要素と優美な旋律を融合させた作品として重要な存在。
クラヴィオルガンは小型のオルガンに、チェンバロ、クラヴィコードなどを組み込んだもので
オルガンとチェンバロのための、というのは、1台で2役という意味なのですね。
修道士たちの斉唱まではいっていて、教会の中にいるみたい。


posted by おだまん at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

ヴィヴァルディ/チェロ協奏曲

るんるんヴィヴァルディ/チェロ協奏曲
icon  ヴィヴァルディ/チェロ協奏曲イ短調 RV356(原曲はヴァイオリン)
  ヴィヴァルディ/チェロ協奏曲イ短調 RV418
  ヴィヴァルディ/チェロ協奏曲変ロ短調 RV424
  ヴィヴァルディ/チェロ協奏曲ト長調 RV413
  ヴィヴァルディ/チェロ協奏曲ハ短調 RV401
  ヴィヴァルディ/チェロ協奏曲へ短調 RV297「冬」(原曲はヴァイオリン)
  イ・ソナトーリ・デ・ラ・ジョイオーサ・マルカ,Vc:ソル・ガベッタ
  2007
  RCA - 88697131692


icon
icon


1981年、アルゼンチン生まれのソル・ガベッタの2ndアルバム。
その力強さと美しさはさすがロシアとフランスの両方の血をひいているだけのもの。
通常はヴァイオリンで華やかに演奏される作品も、
チェロで弾くと、また別の落ち着きが加わります。

チェロはモダンの楽器をガット弦に張り替え、バロック弓を用い、
エンドピン付きで演奏したものだそうで、モダンとピリオドの
狭間で心地よい響きです。

posted by おだまん at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

アンサンブル・エクレジア/天使の歌

るんるんアンサンブル・エクレジア/天使の歌
  今日こそ声高く
  お休みなさい、すやすやと
  マリアさまが茨の森を通りました
  男の子がひとり、ベツレヘムに生まれました
  めでたきなか海の星
  キタラを奏でよ、歌え、弾け
  来たれ、羊飼いたちよ
  ヨセフよ、私のヨセフ
  高き天より我は来たれり
  ベツレヘムに生まれました
  バラが一輪咲きいでた
  異国の民の救い主よ、今こそ来たれ
  バラの花
  村の踊り
  やさしいマリアよ
  モテット「レ旋法によるカルメン」
  モテット「ラ旋法によるカルメン」
  楽しい歌声
  つのだたかし とアンサンブル・エクレジア
  Lute:つのだたかし,フィーデル、ヴィオラ・ダ・ガンバ:田崎端博,
  Rec、ポンマー:江崎浩司,Per、ダルシマー:近藤郁夫,
  シターン:石森愛彦 他
  Vo:波多野睦美,静岡児童合唱団
  1993
  FPD 027

FPD027.gif

いよいよクリスマスですね。
我が家もサンタさんの役目を無事果たし終えましたたらーっ(汗)
イブに楽しいパーティをした後は
落ち着いたクリスマスの音楽を聴きたくなります。

アンサンブル・エクレジアはつのだたかし氏が主宰する
古楽宗教音楽アンサンブル。
波多野睦美さんの素朴な天使の歌声と楽器でつづられる
楽しい曲、厳かな曲さまざまなドイツの古いキャロル。
フィーデルというのは、フィドルのドイツ語読みなんですね。
そのフィドルも現在のフィドルとは違うのだとか。
楽器の歴史というのも奥が深いです。

最後の「楽しい歌声」は懐かしいデロ=ジョイオの
ルーブルの情景にも出てきますね。

posted by おだまん at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

ロバのクリスマス

子供をダシにしていつか行きたいと思っていたロバのクリスマス。
ロバの音楽座がこどもたちのために開くコンサートです。

s-0712222roba.jpg

先日とは違う入り口なのね、と入ったのは2階から。
舞台との境目のないステージは子供たちには目と鼻の先。

CDでしか聴いたことのない古楽器たちの本物を初めて見ましたー。
特にセルバンに釘付けな私。。。

演奏はもちろん、歌ありボディパーカッションあり。
何の曲だったか残念ながらすべては思い出せないのですが
ロバの音楽座オリジナル曲あり、クリスマス・キャロルあり、
観客と一体になれるような音楽作りでとても楽しいステージでした。

息で表現する風の音。
「ピタゴラ」という曲では
演奏者たちのパントマイムで子供たち大うけ。
ラストはリクエストでガランピーダンスをみんなで歌います。

ロバの音楽座は今年で結成25周年、すごいですね。
うちの子たちが大人になってパパやママになる50周年まで
続いていくといいなぁ。

posted by おだまん at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

品川聖/Solo

るんるん品川聖/Solo
  トバイアス・ヒューム/「エア集第1巻」(1605年)〜パヴァーヌ
  ヨハネス・シェンク/「ドナウ河のこだま」 Op.9〜ソナタ 第6番 イ短調
  クリストファー・シンプソン/「ディヴィジョン・ヴァイオル」(1605年)より、プレリュード ニ長調
  ゲオルク・フィリップ・テレマン/「忠実な音楽の師」〜ソナタ ニ短調
  マラン・マレ/「ヴィオル曲集第1巻」(1686年)〜組曲 ニ長調 サラバンド
  ディエゴ・オルティス/「装飾変奏法」(1553年)〜4つの無伴奏レセルカーダ 第2番
  ドゥマシ/「ヴィオル曲集」(1685年)〜組曲 第1番 ニ短調 プレリュード
  カール・フリードリヒ・アーベル/「ガンバのための27の小品」〜3つの小品 ニ短調   WKO 205 209 208
  Gamb:品川聖
  2007
  EBM207017


EBM207017.jpg

ここで紹介した品川聖さんのアルバム。
無伴奏のヴィオラ・ダ・ガンバの曲を
ルネッサンスからバロックの終焉まで、
時代の流れに沿って勉強?できる構成になっています。
前半の素朴な味わいから、装飾のついた華やかな楽しさ
への変遷。
時代の「流行」にあわせて
雰囲気を微妙に変えていくヴィオラ・ダ・ガンバの魅力。
それを1時間弱で体感できてしまうのです。
この楽器が「流行」という名のもとに消えてしまったのは
とてももったいないことでしたが
今、ここに復興を果たしたのも、現代の渇いた世の中が
この音色を求めているからかもしれません。
癒されます。。。

posted by おだまん at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

アントネッロ 他/天正遣欧使節の音楽

天正使節の生い立ちから死までを描いた1枚の音楽。
この時代があったからこそ私たちが今このように
西洋の音楽を分け隔てなく愛でることができるのでしょう。

日本が西洋音楽と出会うときを目の当たりにしたような
気持ちになります。


るんるん天正遣欧使節の音楽
   パッサメッツォ上の五木の子守唄
   漆黒の南蛮履
  アロンソ/とりこてあ
   夜は暗うて
   こんけららばれ
   牛飼いとお針箱
  カベソン/いと甘き覚え
  ゲレーロ/あめまりあ
   川内の子守唄
  カレイラ/ファンタシア
   花の舞
  カローゾ/スパニョレッタ
   日向木挽唄
   馬上にて
   らおだて
  バッサーノ/そなたはさながら清らなり
   でんでれん
  サカラメンタ提要/天主のサントスは来たりて
  カレイラ&ナルバエス/こんけららばれ
   中浦手毬唄
  オルティス/いと甘き覚え
  ヴェッキ/誰人が幸いなるか存じてをる
  作者不詳/ろどりごまるちねす殿
   らだにあす
   こんけららばれ
   パライゾに
  アントネッロ他
  AMOE-10004


C120-3
posted by おだまん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

悲しみよ、とどまれ〜ダウランドリュート歌曲集

3番目のDはダウランド!!!
もう!!!
いい音楽は時代を超えるのです。
波多野さんのまっすぐな声と、優しいリュートの溶け合い。
ふたりのこの曲に対する愛着がひしひしと感じられます。


TH4628.jpg

るんるん悲しみよ、とどまれ 〜ジョン・ダウランドのリュート歌曲〜
  悲しみよ、とどまれ
  溢れ出よ、わが涙
  彼女はいいわけできようか?
  エリザベス女王のガリアード
  戻っておいで、甘い愛
  愛や運命に裏切られたすべてのものよ
  わが恋人が泣くのを見た
  ウィロビー卿の帰還
  語れ、真の愛よ
  思いがかなわなかったら
  流れよ、わが涙
  運命
  愚かな蜜蜂が言葉を話せた時
  さようなら、薄情なひとよ
  暗闇に、わたしは住みたい
  Ms:波多野睦美,Lute:つのだたかし
  TH 4628
  C88
posted by おだまん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

薔薇の中の薔薇

アントネッロレーベルの記念すべき、1枚目。
力強い、地声での発声、そして、独特のリズム感。
ロリーナ・マッケニットを思ったら、
カンティガスの発祥であるガリシア地方というのが
ケルトにゆかりのある場所なのだそうです。
民族色にあふれ、奥の深いアルバムになっています。


AMOE-10001.jpg

るんるんアントネッロ/薔薇の中の薔薇
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス 序「詩を作り歌うとは」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第1番「詩を作り歌います」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第10番「薔薇の中の薔薇」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第15番「すべての聖人たち」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第139番「驚くような、慈悲にあふれ」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第384番「その大変な美しさゆえに」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第167番「聖処女を信頼する者は誰でも」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第100番「聖母マリア、夜明けの星よ」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第166番「人々の体は罪によって」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第60番「アヴェとエヴァの間には」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第26番「驚くには値しません」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第422番「神の母よ」
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第37番「美しく驚くべき奇蹟を」〜カンティガ第159番「聖母マリアは許しません」〜エスタンピー
  スペイン国王アルフォンソ10世 編纂/聖母マリアのカンティガス カンティガ第425番「喜びよ、喜びよ」
  アントネッロ
  Anthonello Mode - AMOE-10001
  C75
posted by おだまん at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

マラン・マレの横顔IV 万華鏡〜喜び、哀惜、官能 そして愛

マラン・マレはリュリに作曲を学び、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の
サント=コロンブに師事した宮廷ヴィオール奏者でした。

空想 安土城御前演奏会 「信長公御所望の南蛮音楽」
で虜になってしまった平尾雅子のヴィオラ・ダ・ガンバ。

仕事でストレスがたまった体を芯からほぐしてくれます。


ALCD1084.jpg

るんるんマラン・マレの横顔IV 万華鏡〜喜び、哀惜、官能 そして愛
  マラン・マレ/プレリュードニ短調(第4巻)
  マラン・マレ/含み笑い(第4巻)
  マラン・マレ/アラベスク(第4巻)
  マラン・マレ/夢見る女(第4巻)
  マラン・マレ/ポロネーズ(第2巻)
  マラン・マレ/ミュゼット(第3巻)
  マラン・マレ/サント・コロンブ氏を偲んで(第2巻)
  マラン・マレ/サラバンド「深い悲しみ」(第2巻)
  マラン・マレ/バディーナージュ(戯れ)(第4巻)
  マラン・マレ/プレリュードニ長調(第1巻)
  マラン・マレ/ファンタジー(第1巻)
  マラン・マレ/人の声(第2巻)
  マラン・マレ/鐘もしくはカリヨン(第2巻)
  マラン・マレ/嘆き(第3巻)
  マラン・マレ/シャコンヌ(第1巻)
  マラン・マレ/ロンドー「優美」(第4巻)
  Gamb:平尾雅子,アーリーチュート:金子浩
  ALCD1084
  C61
posted by おだまん at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

アントネッロ/ナトゥラーレ

こちらは濱田芳を通氏のコルネット、リコーダーが美しい
オリジナルをフューチャーし、
17世紀のオスティナートの曲を中心にしたアルバム。

イタリア語で「自然」と言う意味を表すナトゥラーレ。
スタジオ録音だそうですが、とても自然な響き。
ヴィオラ・ダ・ガンバが目の前で弾いているかのように
力強く響いてきます。


AMOE-10002.jpg


るんるんアントネッロ/ナトゥラーレ
  濱田芳通/「パッサカリア」によるインプロヴィゼーション
  ミゲル・デ・フェンリャーナ/何を使って洗いましょう?
  ディエゴ・オルティス/レセルカーダ
  濱田芳通/「タランテッラ」によるインプロヴィゼーション
  ヨハン・ショップ(ダウランド原曲)/涙のパヴァーヌ
  濱田芳通/「パッサカリオ」によるインプロヴィゼーション
  ディエゴ・オルティス/ラ・ガンバ
  アントニオ・マルティン・イ・コル編纂/ラス・フォリアス
  バルトロメオ・デ・セルマ・イ・サラヴェルデ(パレストリーナ原曲)/草原と丘
  濱田芳通/「ロマネスカ」によるインプロヴィゼーション
  ヴィンチェンツォ・ボニッツィ(ピエール・サンドラン原曲)/甘き思い出
  ジゥーリオ・カッチーニ/泉に野に
  ジローラモ・ダラ・カーサに基づく/パッサカリア《小さなジャック》
  アントネッロ
  AMOE-10002
  C78


posted by おだまん at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

アントネッロ/笛の楽園

ずいぶんとまた間があいてしまいましたがたらーっ(汗)
どうやらほとんどクラシックばかりなので少し
カテゴリその他内容を変えて見ました。

アルバムばかりではなく、単品の曲も気軽に
アップできればな、と思っていますがあせあせ(飛び散る汗)

さて。表題のアルバム。
アントネッロは最近マイブームな古楽アンサンブル。
アントネッロモードという、オリジナルレーベルを立ち上げてしまいました!

ファン・エイクの無伴奏リコーダー笛の楽園を、ヴィオラ・ダ・ガンバとバロック・ハープの伴奏付きで演奏している楽しいアルバムです。
ナイチンゲールのかわいさが目に浮かぶよう、
どれも素敵なアレンジに仕上がっています。
クーラントではあの、守安功さんが参加。
主宰者の濱田芳通さんは、耳をすませばやもののけ姫などの
ジブリ作品でも大活躍されている方です。
彼のトランペットの響きもまた揺れるハート


ALQ-0001.jpg

るんるんヤコブ・ファン・エイク「笛の楽園」
  1.気狂いシメン
  2.ファンタジア
  3.イギリスのナイチンゲール
  4.美しき娘ダフネ
  5.鐘は鳴り響き
  6.ファンタジア
  7.アマリッリ麗し
  8.道化師
  9.詩篇第9番
  10.ファンタジア&エコー
  11.愛しの人セリア
  12.クーラント「愛しい泥棒ちゃん、なぜ君はそんなにおとなしいの?」
  13.許しておくれ
  14.エセックス伯のガイヤルド(ダウランド作曲)
  15.戦争
  16.涙のパヴァーヌ
  17.美しい羊飼いの娘フィリス
  18.プレリュード
  アントネッロ
  ALQ-0001
  C81

posted by おだまん at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする