2008年01月30日

C143-1 西村 朗/クラリネット協奏曲〈カヴィラ(天界の鳥)〉

るんるん西村 朗/クラリネット協奏曲〈カヴィラ(天界の鳥)〉
  西村 朗/〈天空の蛇〉〜笛とオーケストラのための
  西村 朗/〈幻影とマントラ〉〜オーケストラのための
  飯森範親/ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団,
  Cl:カール・ライスター
  04〜07年
  カメラータ - CMCD-28147

CMCD-28147.jpg

西村朗と聞いてひくことなかれ。
管楽器がフューチャーされているからか
とても聴きやすい感じがします。
「カヴィラ」とは仏教において極楽浄土にいる人面鳥なのだそうです。
それを表すライスターのクラリネットの音色は
とてもロマンティックで安らぎます。

posted by おだまん at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

C138-1 エルッキ=スヴェン・トゥール/交響曲第4番「マグマ」

るんるんエルッキ=スヴェン・トゥール/交響曲第4番「マグマ」
  エルッキ=スヴェン・トゥール/有限の不安
  エルッキ=スヴェン・トゥール/永遠
  エルッキ=スヴェン・トゥール/ザ・パス・アンド・ザ・トレーシズ
  パーヴォ・ヤルヴィ/エストニア国立交響楽団
  エストニア・フィルハーモニー室内合唱団,エストニア国立男声合唱団
  Perc:イヴリン・グレニー
  2006
  VIRGIN - 9463857852 9

9463857852 9.jpg


打楽器と管弦楽の為の協奏曲との副題がついている
エストニアの作曲家トゥールの交響曲第4番「マグマ」。
ふつふつとマグマが噴出す様子が見事に描きだされています。
P.ヤルヴィの作品に寄せる愛情たっぷりの演奏です。
いずれも世界初録音ですが、タイトルに惑わされず聴いてみると
案外とっつきやすく、ロックアーティストだっただけあり、
ポップスらしさも見られます。

posted by おだまん at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

フェルドマン/3つの声〜声とテープのための

るんるんモートン・フェルドマン/スリー・ヴォイシス(3つの声〜声とテープのための)
  マリアンヌ・シュッペ(声)
  2006
  col legno - WWE 1CD 20249


s-col20249.jpg

これも不思議な曲。
音の数と高低で表現される音楽。
そして突如意味のある声(言葉)が現れると
また、その音楽の意味が違ってくるのです。。。
その単純さゆえに非常に難解な曲ですが、
子供たちには大うけしていました(^^;



C122-2
posted by おだまん at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

フェルドマン/ヴァイオリンとオーケストラ

天気もぱっとせず、
なんだか、アンニュイな10月の始まり。

ケージの系統で図形音楽などの前衛音楽で知られる
フェルドマン。
この曲もややもすると幾何学的な妄想に
走ることができます。

彼の曲は、楽器をそのまま曲名にしているものが多いのですが、
音のうねりを聴いていると、不思議な感覚に陥っていきます。
ある意味癒しかもしれません。(自虐的?)
思ったよりは大丈夫(爆)
ルンデルのヴァイオリンがすばらしいせいもあるかもしれません。


るんるんフェルドマン/ヴァイオリンとオーケストラ
  ペーター・ルンデル/バイエルン放送交響楽団
  Vn:イザベル・ファウスト
  2001
  〜col legno - WWE 1CD 20089

C122
posted by おだまん at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

タッシ・プレイズ・タケミツ〜武満徹/カトレーンII

タッシのためにつくられたカトレーンの室内曲版がカトレーンII。
録音的にもとても意味のあるアルバム。
音の渦の中に巻き込まれていく感覚がなんともたまりません。

タッシといえばストルツマン。
やはり彼はすごいなぁ。


BVCC-37483.jpg


るんるん武満徹/カトレーンII
  武満徹/ウォーターウェイズ
  武満徹/波
  タッシ
  Vn:カヴァフィアン
  Pf:ゼルキン
  Vc:シェリー
  Hr:ロウチ
  Hp:アレン, アレン
  Cl:ストルツマン
  Tb:リチャード・チェンバレン, ボロア
  Drm:フロスト
  BVCC-37483  
  C78
  
posted by おだまん at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする