2013年09月10日

シューベルト/ピアノ五重奏曲「ます」


これも見事な「ます」
カルミナ四重奏団 の演奏はやさしくて、たおやかで。
田部京子さんのピアノは
やさしくてたおやかな水に飛び跳ねる「ます」
録音もすばらしいです。

 るんるんシューベルト/ピアノ五重奏曲「ます」
  カルミナ四重奏団
   田部京子(Pf)
  COGQ-31
  W2-4
posted by おだまん at 23:00| 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

モーツァルト/グランパルティータ

13管がキーワードの、モーツァルトとベルクという、
まったく趣の違う曲がカップリングされたアルバム。

内田光子、ブーレーズ、テツラフ、、
それはそれは贅沢なひととき。

モーツァルトのたくさんの倍音に癒され、
ベルクには低音木管に癒されました。

 るんるんモーツァルト/セレナード第10番 変ロ長調 K.361≪グラン・パルティータ≫
  ベルク/ピアノ、ヴァイオリンと13の管楽器のための室内協奏曲
  ブーレーズ/アンサンブル・アンテルコンタンポラン
  Pf:内田光子
  UCCD-1215
  W2-1


  
posted by おだまん at 21:53| 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

C150-1 オクトボーンU

るんるんオクトボーンU
icon
  ハートリー/8本のトロンボーンのためのカンツォーナ
  クレスポ/金管低音楽器のためのブルックナー・エチュード
  ドゥファイエ/フルクチュエイション
  エルガー(カナール編)/エニグマ変奏曲よりB.G.N.
  ブルジョワ/葬送のスケルツォ Op86
  ロータ(カンス編)/道
  ルグラン/おもいでの夏
  ペネーリャ/ロス・ミウラス
  ノレ/ラテン・ディストリクト
  solo・Tb,Cond.:ミシェル・ベッケ
  ミシェル・ベッケetオクトボーン
  07年
  クリストン - OVCC-00055

ベッケ率いるパリ管、リヨン管等を筆頭とした
フランス系オケのトロンボーン奏者による
オクトボーンの2ndアルバム。
あたたかいブラスのアンサンブルです。
エニグマのしっとりとした大人のバージョンに
ぐっときました。
「道」はトランペットもよいけれど、トロンボーンの
甘美なやわらかさもぴったりです。





posted by おだまん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

C149-4 ヴァインベルク/チェロ・ソナタ

るんるんヴァインベルク/チェロ・ソナタ第1番 Op21 (1945)
  ヴァインベルク/無伴奏チェロ・ソナタ第1番 Op72 (1960)
  ヴァインベルク/チェロ・ソナタ第2番 Op63 (1959)
  Vc:アレクサンドル・シャウシヤン
  Pf:エフゲニー・スドビン
  06年
  BIS - BIS-CD-1648

1919年ワルシャワ生まれのユダヤ人ヴァインベルク
のチェロ・ソナタ。
ショスタコーヴィチの影響を受けたミステリアスな作風。
そしてマーラー的な牧歌風なメロディーと狂気が
見え隠れします。
シャウシヤンのチェロもさることながら、スドビンの
深いピアノの響きが印象的。
夜、深紅のワインを傾けながら聴きたくなるような
渋い1枚です。


posted by おだまん at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

C148-2 コンビネーション

るんるんコンビネーション
icon
  ライヒャ/ファゴットとピアノのためのソナタ変ロ長調
  ベートーヴェン/クラリネットとファゴットのための二重奏曲第3番変ロ長調 WoO27-3
  モーツァルト/ファゴットとチェロのためのソナタ変ロ長調 K292
  ドゥヴィエンヌ/ファゴットとハープのためのソナタ変ロ長調
  Fag:オンジェイ・ロスコヴェッツ
  P:イトカ・ファルカショヴァ・ドロビルコヴァー
  Cl:トマーシュ・コパーチェク
  Vc:フランティシェク・ホスト
  Hp:ヤナ・ボウシュコヴァー
  07年
  クリストン - OVCC-00052


主役は、チェコフィルで、アフラートゥス・クインテット
のメンバー、ロスコヴェッツのファゴット。
のびやかに広がって、幸せな気分。
木管はよいなぁ。

posted by おだまん at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

C146-3 アヴェ・マリア・鳥の歌/ダヴォス・フェスティバル・ライブ サンクトペテルブルグチェロアンサンブル

るんるんアヴェ・マリア・鳥の歌/ダヴォス・フェスティバル・ライブ  ヘンデル/パッサカリア
  ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
  ブーレーズ/メサージエスキス
  イベール/白い小さなロバ
  バッハ(グノー編)/アヴェ・マリア
  ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第1番
  チャイコフスキー/ユモレスク
  ラフマニノフ/ヴォカリーズ
  ソコロフ/即興曲
  ソコロフ/ジーザス・クライスト・スーパースターによるパラフレーズ
  カザルス/鳥の歌
  アザラシヴィリ/無言歌
  コミタス/小さな雷鳥
  オリヴァー/ドクター・ジャズ
  サンクト・ペテルブルク・チェロ・アンサンブル
  92年
  キング - KICC-101

ロシアのチェロ軍団による様々な名曲からジャンルを超えて
圧倒される力強いアンサンブル。
BGMにするのにいい曲がたくさん入っていますが
少し重いかも。。。。

posted by おだまん at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

バッハ/音楽の捧げ物 他

るんるんバッハ/音楽の捧げ物 BWV1079
  パッヘルベル/カノン ニ長調
  グルック/歌劇「アウリスのイフィゲニア」〜シャコンヌ
  ヘンデル/「合奏協奏曲」Op6-6〜ミュゼット
  ミュンヒンガー/シュトゥットガルト室内管弦楽団
  1959〜66
  UCCD-3910


icon
icon

バロックの第一人者ミュンヒンガーの音楽の捧げ物。
王道を行くどっしりとした演奏はドイツの血筋。
そしてやはりすばらしいカノン。
思い入れのある曲なだけに、青春時代にタイムスリップ
するほど。
重厚で優しい響きにぐっと胸がつまります。


バッハ/音楽の捧げ物 他
icon
posted by おだまん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

ヘンデル/パッサカリア:ラ・クァルティーナ

るんるんヘンデル/パッサカリア:ラ・クァルティーナ
  G.ヘンデル:パッサカリア
  J.S.バッハ:サラバンドとブレーBWV1002
  J.S.バッハ:アリオーソBWV1056
  J.S.バッハ:エアBWV991(アンナ・マグナレーナ・バッハの音楽帳より)
  J.S.バッハ:コラール「主よ、人の望みの喜びよ」BWV147
  J.S.バッハ:コラール「最愛のイエス、われらここにありBWV731
  J.S.バッハ:コラール「目覚よ、と呼ぶ声あり」BWV645
  J.S.バッハ:小フーガBWV578
  F.メンデルスゾーン:プレリュードとフーガ Op.37-1
  J.クレンゲル:即興曲 Op.30
  J.クレンゲル:2つの小品 Op.5
  B.フンメル:アンダンテ・レリジオーソ Op.95e
  ラ・クァルティーナ
   藤森亮一(チェロ)
   藤村俊介(チェロ)
   銅銀久弥(チェロ)
   桑田歩(チェロ)
  MM1234


MM1234.jpg


ファンタジアでもダイジェストで聴くことのできた
チェロ四重奏の調べ。
深い音の集まりが織りなす重厚な響き。
聖夜を待ちながら静かに夜を飾ります。



posted by おだまん at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

プーランク/六重奏曲:プレヴィン他

るんるんプーランク/六重奏曲
  ミヨー/世界の創造
  サンーサーンス/七重奏曲
  Pf:プレヴィン,Cl:シフリン,Fg:ゴッドバーン,Fl:マン,
  Hrn:トッド,Ob:テイラー,Vn:カヴァフィアン,ローゼンフェルド,
  Va:ホフマン,Vc:ブレイ,Tp:スティーヴンス,Cb:クロヴィッチ


icon
icon


RCAシリーズの15。
今度はプレイヤーとしてのプレヴィン。
そして、この、豪華なプレーヤーたち。
技量の高さを実感できるとともに
なんてゴキゲンなアルバムなんでしょう。
音楽を本当に楽しんでいる雰囲気が伝わってきて
こちらも楽しくなってきてしまいます。
こんなに楽しく余裕で演奏できるのも
確かな技量あってこそなのかも。


プーランク/六重奏曲:プレヴィン他
icon
posted by おだまん at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

J.S.バッハ/ソナタ集  Rec:山岡 重治

ずいぶんと間が空いてしまいましたが、
密かにぼちぼちと。

MH-1221
ソナタ ホ短調 BWV1034
ソナタ イ長調 BWV1032
ソナタ ロ短調 BWV1030
ソナタ ホ長調 BWV1035


ここのところ、ずっと聴いていた曲です。
原曲はフルートですが、山岡重治さんのリコーダーで。
ヴィオラ・ダ・ガンバは、平尾雅子さま。
特にBWV1034、3楽章のアンダンテは大好きで格別。
受験勉強のお供だったことを思い出します。
心洗われます。

豊かに自然に響くリコーダーですが、もともとはフルートの曲。
技術的には非常に難しいのだそうです。
アンダンテくらいは自分で吹けるようになりたいかな、
とも思いましたが、ムリなら通奏低音くらいなら爆弾

C105
posted by おだまん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

ホルントリオ/バボラーク

ピアノの練習でつらい思い出のあるツェルニー。
そのプルミエ・グラン・トリオは、優しくてロマンティック。
主役はバボラークなんだけれども、ピアノもヴァイオリンも
最高級。それがぶつからずに溶け合っているのがすばらしい。
まさにグランドトリオです。


OVCC-00041.jpg

るんるんホルントリオ
  ツェルニー/プルミエ・グラン・トリオ変ホ長調 Op105
  シューマン/アダージョとアレグロ変イ長調 Op70
  ブラームス/ホルン三重奏曲変ホ長調 Op40
  Hr:ラデク・バボラーク,Pf:清水和音Vn:ローレンツ・ナストゥリカ
  OVCC-00041
  C86
posted by おだまん at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

ストラヴィンスキー/組曲「兵士の物語」 タッシ

タッシの時代〜コンプリートRCAレコーディングズ3枚目は
ストルツマンのためのアルバム。
ほかの演奏者たちの個性も揃っていて、
特に管楽器が楽しいexclamation×2

BVCC37480.jpg

るんるんストラヴィンスキー 組曲「兵士の物語」
  ストラヴィンスキー/七重奏曲
  ストラヴィンスキー/パストラーレ
  ストラヴィンスキー/クラリネットのための3つの小品
  ストラヴィンスキー/イタリア組曲
  タッシ
  BVCC37480
  C73
posted by おだまん at 20:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする