2008年03月07日

C149-3 グレート・フレンチ・コンチェルト 1948〜1956

るんるんグレート・フレンチ・コンチェルト 1948〜1956
  ジョリヴェ/トランペット協奏曲第2番
  トマジ/トランペット協奏曲
  シャルル・シェイヌ/トランペットとオーケストラのための協奏曲第1番
  ジョリヴェ/トランペット、弦楽とピアノのコンチェルティーノ
  マリウス・コンスタン
  Tp:エリック・オービエ
  88&95年
  INDESENS - INDE001

エリック・オービエによるフランスのトランペット協奏曲の名曲の数々。
彼が長年主席をつとめたパリ・オペラ座管弦楽団との相性はぴったり。
すばらしいテクニックと色彩豊かな音。
ジョリヴェは最近のだめの影響で認知度がアップしているんだとか。
管楽器吹きには嬉しいことです。

posted by おだまん at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

C149-2 リスト/ハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調

るんるんリスト/ハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調
  シューマン/トロイメライ
  ショパン/ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 Op58第4楽章
  ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op18 第1楽章
  *チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 Op23 第3楽章
  ワレリー・ゲルギエフ/マリインスキー劇場管弦楽団,
  *ダニエル・バレンボイム/シカゴ交響楽団,
  Pf:ラン・ラン
  03-05年
  UCCG-9673

ラン・ランの来日記念スペシャル・エディションのボーナスCD。
ゲルギエフやバレンボイムといった大御所との
ベストアルバムになっています。
こちらも、オケ+ラン・ランの魅力がいっぱい。
リストの最初の音、なんと情熱的で深みがあるのでしょう。
そこを聴いただけでぐぐっと引き込まれてしまいます。

posted by おだまん at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

C149-1 ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番ハ長調 Op15

るんるんベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番ハ長調 Op15
icon
  ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op58
  クリストフ・エッシェンバッハ/パリ管弦楽団,
  Pf:ラン・ラン
  07年
  UCCG-9672


icon
icon

今をときめく、中国で「輝き」を意味する、ラン・ランの
スペシャル・エディション、2枚組の前半。
天才ピアニストというにふさわしい
芸術性とテクニックを備えたベートーヴェンの協奏曲。

私には「青い羽」が見えましたですたらーっ(汗)

posted by おだまん at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

C146-1 C.P.E.バッハ/チェロ協奏曲

るんるんC.P.E.バッハ/チェロ協奏曲
  C・P・E・バッハ/チェロ協奏曲イ長調
  グラーフ/チェロ協奏曲ニ長調
  ハッセ/チェロ協奏曲ニ長調
  M・ハイドン/チェロ協奏曲変ロ長調
  ラインハルト・ゲーベル/ミュンヘン室内管弦楽団
  Vc:ヤン・フォーグラー
  07年
  SONY  - 88697119972

88697119972.jpg


明るくて、のびやかなチェロが歌います。
軽やかで優雅で、とっても幸せそうな音!

posted by おだまん at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

ハチャトリアン/ピアノ協奏曲変ニ短調

るんるんニールセン/交響曲第1番ト短調 Op.7、FS16
  ニールセン/歌劇『サウルとダヴィデ』〜第2幕への前奏曲
  アンドレ・プレヴィン/ロンドン交響楽団
  1967年2月8,9日 キングスウェイ・ホール
  ハチャトリアン/ピアノ協奏曲
  ロリン・ホランダー(ピアノ)
  アンドレ・プレヴィン/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
  1964年10月6,7日 ウォルサムストウ・アッセンブリー・ホール


アンドレ・プレヴィン来日記念盤、アンドレ・プレヴィンRCAイヤーズ−3より。
カップリングのニールセンの交響曲第1番、
ブラームスの影響を受けている作品ですが
やはり根底には北欧の魂がしっかりと感じられます。
『サウルとダヴィデ』第2幕への前奏曲、キリスト教を題材にしている
こともあり、宗教曲のような荘厳さ。
ハチャトゥリアンのピアノ協奏曲。
土俗的に徹していないのは、ロリン・ホランダーが
アメリカのピアニストだからかしら。
個人的にはやはりバスクラに聴き入ってしまう曲なのでした。
posted by おだまん at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

プーランク/オルガン、弦楽合奏とティンパニのための協奏曲ト短調


るんるんプーランク オルガン、弦楽合奏とティンパニのための協奏曲ト短調
  ラモー/「恋するインド」より 「未開人たちの踊り」「ミュゼット」
  ラモー/「ダルダニュス」より
  「エール・アン・ロンドー」
  「第1のエール」
  「戦士たちのアントレ」「序曲」
  ロート/闇の中の光
  ルノ/天上のイェルサレム
  リュリ/「町人貴族」より「トルコ人の儀式への行進曲」
  フランソワ=グザヴィエ・ロート/オルケストル・レ・シエクル
  ヴァンサン・ヴァルニエ(Org)
  2007
  INTRA-028

INTRA-028.jpg


バロックから現代まで。
フランスのエスプリを歴史を越えて、堪能できます。
ヴァンサン・ヴァルニエはデュリュフレの後継者、
パリ・聖エティエンヌ=デュ=モン教会のオルガン奏者。
オルガンも、ティンパニもすばらしい。
気分がすかっとします(^^;

ロートとルノ作品は世界初録音。

C123-1
posted by おだまん at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

ディーリアス/ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲

るんるんディーリアス/ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲
  ディーリアス/チェロ協奏曲
  サー・チャールズ・マッケラス/ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
  タズミン・リトル(Vn)
  ラファエル・ウォールフィッシュ(Vc)
  1991
  〜EMI - 5 75803 2

ゲンダイが続いたので、イギリスもので癒されましょう。
平原を渡る風のように響いていく音楽。
静かに過ごしたい夜にぴったり。

そういえば、協奏曲のカテゴリがなぜかありませんでした。
改めて、追加。

C123-3
posted by おだまん at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする