2017年02月16日

2/16 ケルティック能 鷹姫

リバーダンスでおなじみ、アヌーナと人間国宝梅若玄祥のコラボ。
オーチャードは1年ぶりくらいかな?
ロビーでごはんが食べられなくなっていてびっくりでした。
ビュッフェに行き、無事事なきを得ました。

F76280B0-925E-4F2C-BCBB-4D696760D65D.jpg


客層もいつもの「演奏会」とはだいぶ様相が違っていて、
お着物を召したマダム、若い女性、私もだけどおひとりさまのおばちゃん、
女性が多くて、男性は同伴者という感じ。
ロビーには今回の公演に関する様々な展示がされていて興味津々。
舞台はこんな感じ。

B7B6EF81-C91F-422C-83AA-4B7554896858.jpg

本物の舞台はプロジェクションマッピングでさらに幻想的に仕上がっていました。
イェイツの鷹の井戸、能の鷹姫、についてはいろいろ解説もあるので。

本物の能をきちんと観たことがないので、能のお作法もよく分からないけれど、
この「洋風能」は凄かった。
地謡とお囃子、舞、そしてコーラスが融合し、異世界を作り出す。
そうそう、異世界に「笛」は必需品よね。
休憩なし一時間半、この世界にのめりこんでいました。
惜しむらくは、斜め前が背の高い男性で視界が(涙)ということと、
オーチャードホール規模といえども、もっと生音でもよかったんじゃないかな?

能部分の字幕は日本語と英語の併記(アヌーナの歌部分は日本語のみ)
でしたが、日本語より英語の方がわかりやすかったという(^^;
これなら原文でも読めそうかも。
しかし、クウフリン(空賦麟)の当て字は強烈でした。

去年行ったジャパンオルフェオに続いて、西洋と日本のコラボを
体験できるなんてとても素敵。
世界はつながっているんだなぁ。

最後に、アヌーナだけのステージをアンコールに、
日本語での、ということなんでしょうけれど、
「さくらさくら」と「もののけ姫」を披露してくれました。
これが最高に嬉しかった
Reverationというアルバムに入っています。

Revelation - Anuna
Revelation - Anuna

アヌーナリーダーのマクグレンさんもおっしゃっておられましたが
いつも素敵な企画をしてくださるプランクトンさんに感謝♪
年末に来るチーフタンズのチラシも入っていました。
こちらも今から楽しみ。
posted by おだまん at 23:39| ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

12/23 野口明生×トシバウロン×おおしまゆたか「イーリアン・パイプス入門〜アイルランドのバグパイプを知ろう」イベント


今日はこちらの本の刊行イベントで、下北沢の本屋さんへ。

アイルランド音楽──碧の島から世界へ【CD付き】 -


ここはお酒が飲める本屋さん。
ということで、ギネスを片手に、イーリアンパイプのお話と生演奏をたっぷり堪能してきました。
643450FD-A92A-4C83-92D5-1F3EC2D87A94.jpg

人が奏でる楽器の中で、最も複雑な構造を持つと言われている楽器です。
その取扱いの難しさゆえに、世界のイーリアンパイパーは、約6000人しかいないのだとか。
(それでも昨今のアイリッシュブームで増えているそう)
チューニングに8時間かかるとか、リードが既製品が使えないので、竹から自分で作るとか。
いろいろ。いろいろ。

いやー、憧れの楽器ですが、よきリスナーに留まっておきますわ(^^;

生演奏、しかもこんなに間近で聴くことができてとても幸せでした。
ここのところかなりハートブレイクだったので、
本当に沁みました。

またなにかのイベントがあったら、行ってみたいな。
posted by おだまん at 19:41| ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

12/6 アルタン祭り

この、クリスマスのちょっと前のこの時期に毎年行われるケルティッククリスマス。
今年はアルタンの単独公演に行ってきました。
そして、今回はワークショップにも参加することに。
そのために、念願のローホイッスルゲット。
バークさんのブラスのホイッスル。とっても吹きやすいです。
手が小さい私には、そんなに吹きこなすことはできないとわかっていても、
ゆっくりの曲なら何とかなると思い、というか、やはりいつかは欲しかった。
課題曲というのが直前に送られてきまして、新アルバムの最後の曲、
「ザ・ワイドニング・ジャイル〜広がる螺旋」から最後の曲、
「The Road Home」です。
エアのインストゥルメンタル、とってもいい曲です。
それにしても、今回ワークショップに参加された方々、結構知り合い同士のようで
今はSNSなどあるので、そういう濃ゆいグループなのかしらーとぼっちな私は
勝手な妄想をしておりました。
やはりメジャーはフィドルやギターですが、アイリッシュフルートの方が案外いらっしゃってびっくり。
そして、ケルティックハープまで!!!
もちろん、ワークショップは楽しかったです!
音楽はどんなジャンルも、基本は一緒なんだなぁと。
コンサートは、新アルバムからの曲を中心に。
もう、王道の安定感。
後半はずっとスタオベで、疲れた(^^;けど、楽しかったですー

来年のケルクリも気になるアーティスト、来てくれるかしら。
FDB69F09-D2A0-4A4E-B64F-2F50FA75344D.jpg
posted by おだまん at 21:28| ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

リバーダンス20th

8434FD44-418E-48F9-AEEF-A086112C6C21.jpg

7年ぶりの再会。
7年前の記事はここ
前回、最後だといわれながら、再会を夢見ていましたが、実現して本当に感激!

今回の会場は渋谷ヒカリエの上にある、シアターオーブ。
もちろん初めて。とても観やすそうなホールです。
気合を入れて!?取ったおかげか、前から3番目という、ド迫力の席。
最初は爆音に耳がくらくらしましたが、すぐに慣れてしまいました。
迫力のダンスはもちろん、ダンサーやミュージシャンの細かい表情まで読み取れてとても楽しかったです。
フィドルのお兄ちゃんがいい味を出していたなぁ。

今回の公演の演出にはプロジェクションマッピングを取り入れており、
ストーリーがわかりやすい作りになっていました。
初めて連れて行った子供たちも楽しめたんじゃないかな(ムスメは寝てたけど(--;)
ステップも歌も、パワーアップしていて、ラストはうるうる。
前の方で食い入るように観ていたので気が付きませんでしたが、スタンディングオベーションも起こっていたらしい。
あっという間の2時間でした。

リバーダンス、本当に予算が許せば何度も観たい魔力があります。
(許されないので観られませんが・・・)
次に観られる日がまた来るといいなー♪
posted by おだまん at 22:03| ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

Davy Spillane/Pipedreams

やっと秋な気分になってきました。
デイヴィ・スピラーンとの出会いは、20年近く前?NHK-FMのポップスグラフティ
(懐かしい)の「アイルランド生まれ」という特集でエアチェックした
このアルバムに入っている「Midnight walker」

その後、リバーダンスにもはまり、メンバーに入っていることを知って、うおおおっとな
ってました。

あぁぁ、もう来日しないんですよね・・・

アグレッシブなのもいいですが、
哀愁漂うメロディックなイーリアンパイプにメロメロ。


 るんるんDavy Spillane/Pipedreams
  Shifting Sands
  Undertow
  Shorelines
  Call Across the Canyon
  Midnight Walker
  Mistral
  Rainmaker
  Stepping in Silence
  Morning Wings
  Corcomroe

posted by おだまん at 21:17| ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

リバーダンス2008

リバーダンス2008
今年新しくできた赤坂ACTシアターに、
9年ぶりに観に行ってきましたリバーダンス。
  

    s-2008_0531riverdance0004.jpg
    

前回は国際フォーラムと少し遠かったので
アットホームな劇場で公演してくれたのがやはり嬉しい。
前回に比べてアコースティックなところが弱いような気もしたけど
それもホールが小さくなったせいかしら。

楽器奏者(イーリアンパイプ&ホイッスル、フィドル、ソプラノサックス、バウロン他パーカッション)とダンサー&シンガーが
ソロあり、掛け合いありで織り成すアイルランドの風。

DVDで観てもいいけど、CDで音楽聴くのもいいけど、
やっぱり感動の躍動感はナマでしか味わえません。
感無量でございました。

s-2008_0531riverdance0006.jpg

それにしてもこの意味深な「最後の日本公演」
ってどういうことなんでしょう??
次回は子どもたちもきっと楽しめるだろうなと思っているのに。
どんな事情か分かりませんが、またリバーダンス公演を楽しめる日が
訪れますように。

posted by おだまん at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

C144-2 プレイヤー 〜 祈りのピュア・ヴォイス

るんるんプレイヤー 〜 祈りのピュア・ヴォイス
icon
  プレイヤー
  庭の千草
  リッスン・トゥ・ザ・ウインド(映画《ニュー・ワールド》から)
  メイ・イット・ビー(映画《ロード・オブ・ザ・リング》から)
  モーツァルトの子守歌(映画《ローレライ》主題歌)
  ジキル
  ヒア・ビサイド・ミー(映画《ムーラン2》から)
  ブライダル・バラード(映画《ヴェニスの商人》から)
  フロード(映画《フロード》主題歌)
  アイム・キッシング・ユー(『ロミオとジュリエット』から)
  トゥナイト( ミュージカル《ウェスト・サイト゛・ストーリー》から)
  ゼアズ・ア・スパークル・イン・ユア・アイズ
  ユー・アー・ウォーター
  サマー・レイン
  Vo:ヘイリー
  07年
  デッカ - UCCL-1120



icon
icon



2001年ニュージーランドよりデビューした1987生まれの歌姫
ヘイリー・ウェステンラ、夏の千草がとってもいい!
癒され系のピュア・ヴォイスと思ったらアイルランド系。
やはりケルトの血が流れているのですね。
ケルティック・ウーマンにも参加していたとのこと。
一般にはポップスカテゴリなのでしょうが、ケルトカテゴリへ!




posted by おだまん at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

ウィンダム・ヒル/ケルティック・コレクション

るんるんウィンダム・ヒル/ケルティック・コレクション
  1チャノンリー・ポイント(フィル・カンニハム&マ−ナス・ラニ−)
  2アマネセール(カルロス・ヌ−チェス)
  3ウェクスフォード・キャロル(ジェイムズ・ゴ−ルウェイ)
  4ブリジッド・オ・マレイ(ナイトノイズ)
  5デイズ・ラスト・ナイト(ジュイマス・イ−ガン)
  6流浪の悲しみ(カパケリ−)
  7リッスン・トゥ・ザ・リバー(ルカ・ブル−ム)
  8リムリック哀歌(デソ−ル)
  9オーグリムの大敗のあと(トゥリ−ナ・ニ・ゴ−ナル)
  10-1スター・オブ・ザ・カウンティ・ダウン
  10-3ジェニーズ・チキン (ケヴィンバ−ク&トゥリ−ナ・ニ・ゴ−ナル)
  11アイル・ロック・ユー・トゥ・レスト(ジェイムズ・ゴ−ルウェイ)
  12ジョニー・ジョイス(モレ−ト・ニ・ゴ−ナル)
  13ラメント(ブリアン・ダニング&ジェフ・ジョンソン)
  14鳩の帰還(アイネ・ミノ−グ)
  1996
  FHCH1002

今年はケルティック回顧もしたいとも思いつつ。
ナイトノイズのミホール・オ・ドーナルがプロデュースのオムニバス。
ジェイムズ・ゴ−ルウェイから、カパケリ−、ハープのエイネ・ミノーグまで
哀愁たっぷりのケルトアルバム。
大事にしまっておきたい1枚です。


posted by おだまん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

デイヴィー・スピラーン/ザ・シー・オブ・ドリームス

あと1年またがんばることが決定しましたたらーっ(汗)
イーリアンパイプの音色で癒されます。

海に漂い、瞑想し、
また活力を養いましょう。

SRCS8878.jpg
  
るんるんデイヴィー・スピラーン/ザ・シー・オブ・ドリームス
  1.リヴァー・オブ・ジェムズ  
  2.ビッグ・シー・バラッド
  3.蒼き骨の想い(フィーチャリング・シニード・オコナー)
  4.ダイアズ・ドリーム
  5.イノウ
  6.ミッドナイト・ウォーカー
  7.ダニー・ボーイ
  8.蒼き骨の想い(インストゥルメンタル)
  9.エクイノックス
  10.シー・オブ・ドリームス
  11.五月の朝露
  12.マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン〜タイタニック・愛のテーマ
  SRCS8878
  CD
posted by おだまん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

クリスマス・セレブレーション

ケルティック・ウーマンの透明な声に
心洗われるクリスマスアルバムですが、
なんとなく、世俗的な香りがするのは気のせいでしょうか・・・

もちろん、ケルトな響きは随所に感じられるのですが。

でも、今のクリスマスってそんなものなのかもですね。
今日はムスメの保育園にサンタさんが来ました。
楽しみな日はすぐそこです。


TOCP-70080.gif

るんるんクリスマス・セレブレーション
  1. オー・ホーリー・ナイト(クリスマスの歌)
  2. まぶねの中で
  3. ディン・ドン!高らかに(みそらにこだます)
  4. ホワイト・クリスマス
  5. きよしこの夜
  6. クリスマス・パイプ
  7. クリスマス・ソング
  8. キャロル・オブ・ザ・ベル
  9. あなたに楽しいクリスマスを
  10. 天使の糧(パニス・アンジェリクス)
  11. ベツレヘムの夜
  12. 神の御子は今宵しも
  13. リトル・ドラマー・ボーイ
  14. ウェックスフォード・キャロル
  15. レット・イット・スノー
  16. ビヨンド・ザ・シー 
  「トヨタ エスティマハイブリッドCMタイアップ曲」〜30秒CMヴァージョン〜
  ケルティック・ウーマン
  TOCP-70080
  C50
posted by おだまん at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

ベスト・オブ・リバーダンス

外はすばらしい快晴でしたが
昨日の大雨のため子供の運動会は延期となってしまいました。

こういうときになかなか見られないDVDを見てしまいましょう。

リバーダンス10周年記念のDVDです。
リバーダンスはアイルランドの伝統音楽とアイリッシュダンスをもとにした
大スペクタクル。
1999年3月の国際フォーラムでの公演を見に行きましたが、
あの感動は今でも忘れられません。

今回、ニューヨーク公演のビデオを買いなおししたわけですが、
このDVDでもあのときのエネルギッシュで美しい
感動がぎゅっとつまっていました。


COBM-80030.jpg


るんるんベスト・オブ・リバーダンス
  1.太陽を巡るリール
  2.心の叫び
  3.キャスリーン伯爵夫人
  4.クーフランの哀歌
  5.落雷
  6.シヴナ
  7.フィアーダンス
  8.春はそこまで−収穫
  9.リバーダンス
  10.アメリカン・ウェイク
  11.リフト・ザ・ウイングス
  12.心を癒して/自由
  13.タップの競演
  14.ザ・ロシアン・ダーヴィッシュ
  15.リ・ラ(扉を開けて)
  16.スロー・エア&チューンズ
  17.ホーム・アンド・ザ・ハートランド
  18.ハートランド(ポイントシアター公演より)
  19.フィナーレ
  COBM80030
  DVD
posted by おだまん at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

カパケリ/DUSK TILL DAWN THE BEST OF CAPERCAILLIE

スコットランドのケルトミュージシャンです。
普通のポピュラーなんですが、その中に全開のケルトっぽさ、
ヨーロッパのケルトだなぁ。

るんるんカパケリ/DUSK TILL DAWN THE BEST OF CAPERCAILLIE
  1.COISICH A RUIN
  2.MIRACLE OF BEING
  3.THE TREE
  4.AILEIN DUINN
  5.GRACE AND PRIDE
  6.THE WHINNEY HILLS JIGS
  7.CLAIRE IN HEAVEN
  8.OUTLAWS
  9.INEXILE
  10.SEICE RUAIRIDH
  11.KEPPLEHALL/25KTS
  12.TOBERMORY
  13.WAITING FOR THE WHEEL TO TURN
  14.NIL SI I NGRA
  15.FOUR STONE WALLS
  16.DR. MACPHAIL'S REEL
  17.BREISLEACH

posted by おだまん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

チーフタンズ/ベルズ・オブ・ダブリン

今日はハロウィン。
ハロウィンってケルトが起源なんですってね。
イギリス先住民のケルト族の大晦日にあたるんだとか。
チーフタンズのクリスマス・アルバム。
厳かなキャロルから、パーティを思わせるアイリッシュダンスまで盛りだくさんわーい(嬉しい顔)

明日から、11月。そろそろクリスマスのことも考えなくっちゃねクリスマス

るんるんチーフタンズ/ベルズ・オブ・ダブリン
  1. ベルズ・オブ・ダブリン/クリスマス・イヴ
  2. 3時を過ぎたら
  3. セント・スティーブンス・デイ・マーダーズ
  4. 神の御子は生まれ給えり/羊飼いの笛のキャロル
  5. ベツレヘムの夜
  6. 三隻の舟を見た
  7. ブルターニュのキャロル[キャロル・メドレー]
  8. オ・ザ・ホーリー・シー・ビアーズ・ア・ベリー
  9. 世の人忘るな
  10. ザ・ボアーズ・ヘッド
  11. ウェックスフォードのキャロル
  12. 反逆者イエス
  13. スカイライン・ジグ
  14. オ・ホーロー・ナイト[ザ・レン!ザ・レン!]
  15. ジ・アライヴァル・オブ・ザ・レン・ボーイズ
  16. ディングル・セット
  17. ザ・レン・イン・ザ・ファーズ
  18. ダンス・デュエット
  19. ブラフェルトン・ヴィレッジ/ウォルシュのホーンパイプ
  20. フェアウェル ザ・パイパー・スルー・ザ・メドゥ・ストレイド/ディス・イズ・ザ・シーズン・トゥ・ビー・メリー
  21. ワンス・イン・ロイヤル・デイヴィッズ・シティ
  22. ディン・ドン!メリリー・オン・ハイ
  23. 神の御子は今宵しも
  BVCF37011
posted by おだまん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

Loreena McKennitt /LIVE PARIS AND TORONTO

マッケニットはカナダ系ケルトの大御所
カナダのエンヤとも言われますが、私はこちらのほうが好き黒ハート

このアルバムは、1998年の4月と5月にパリのサレ・プレイエルとトロントのマッシー・ホ-ルで行われたライブを収録した2枚組。
彼女にとってとても思い入れのあったライブのようです。
もち、内容もスバラシイ。

liveinparis.jpg

1999年8月リリース。
初めての育児にかなり疲れていたころ、このアルバムに癒されていたものでした。
お気に入りはThe Bonny Swansです。


るんるんMPQD108

posted by おだまん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

Nightnoise/Hugh

この曲が私がケルト音楽にはまるきっかけとなりました。
といっても、この曲はそんなにケルトっぽくはなく、
当時はウィンダムヒルのアーティストの1ファンでした。
この曲に出会う前からウィンダムヒルのオムニバス盤で聴いていたようです。

1996年夏、Tokyo-FMの主催するイベントに来日し、
箱根の彫刻の森美術館まで足を運びました。

その来日記念盤として、リリースされ、最初で最後となったスタジオ・ライブ。
このアルバムを最後にばったりとリリースが途絶えてしまっていたのですが、
メンバーが亡くなっていたことを今日初めて知りました。
とても残念な気持ちです。
でも、他のメンバーの活躍を追いつつ、これからも聴き続けていこうと思います。

るんるんTHE WHITE HORSE SESSIONS-NIGHTNOISE
 BMG BVCW676

posted by おだまん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ケルト音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする