2008年01月28日

C141-2 FUTABA

るんるんFUTABA
icon
  Forest Bump
  So near,So far,So close
  My Cherie Amour
  ハチ(熊蜂の飛行〜バッハ:トッカータとフーガ ニ短調)
  無〜infinity
  君は天然色
  天の川
  VACATION!
  P duo:FUTABA
  07年
  ユニバーサル - UPCH-1557



icon
icon


東京音大の同級生だったIZUMIとMIDORIが02年に結成した、
女性ピアノ連弾デュオFUTABAのデビューアルバム。
クラシックとPOPSのジャンルを超えた選曲。
がんがんせまりくるう連打に踊りだしたくなってしまうほど。
懐かしさと新鮮さでいっぱいです。




posted by おだまん at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

C140-4 アキラさんとまこと君 二人のオーケストラ

アキラさんとまこと君 二人のオーケストラ
icon
  あんたがたどこさ
  さっちゃん
  しゃぼんだま
  五木の子守唄
  アリエスの星
  人のなる木 
  心
  Maria'S Moon
  HEART
  La Bella Pomme
  Spring Wind
  ニューシネマ・パラダイス
  ダニー・ボーイ
  メモリーズ・オブ・ユー*
  P、Vo:宮川彬良,Sax、Cl*:平原まこと
  07年
  コロムビア - COCQ-84377



icon
icon


「アキラさんの大発見オーケストラ」とは
また趣が違い、童謡から映画音楽まで、大人っぽく、Jazzyに。
ノスタルジーあふれる演奏に
ぐぐっときてしまいます。

posted by おだまん at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

Rui いちむじん

山下俊輔、宇高靖人のギターデュオ、いちむじん。
土佐弁でいっしょうけんめい、という意味だそうです。

ひたむきな音色が昼間出たアドレナリンを鎮めます。
夜のリラックスタイムにぴったり。


PCCY-60004.jpg

るんるんRui
  ベリナッティ/Jongo
  ヘンデル/歌劇「リナルド」より涙の流れるままに
  Clear Sky
  Bitter Tears
  ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
  守るべきもの
  長岡克己/Kaze-第1楽章-Aria di prato(草原のそよ風)
  長岡克己/Kaze-第2楽章-Allegretto malinconico(哀愁)
  映画「ニュー・シネマ・パラダイス」よりニュー・シネマ・パラダイス
  映画「ニュー・シネマ・パラダイス」より初恋
  映画「ニュー・シネマ・パラダイス」より愛のテーマ
  長岡克己/Rui
  ドビュッシー/亜麻色の髪の乙女
  いちむじん
  PCCY-60004
  C86
posted by おだまん at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

ラビリンス

ジャンル分けに非常に迷ったのですが、
スティングのヴォーカルに圧倒され。
彼の朗読を聞いているとまるでイギリス映画の世界の中に入ったようです。
スティングもよい!
ダウランドもよい!
独特の雰囲気をもつ不思議なアルバムです。

UCCH1018.jpg


るんるんラビリンス
  ダウランド/ウォルシンガム
  ダウランド/あのひとは言い訳できるのか
   ロバート・セシルへの手紙〜抜粋1「公正なる閣下・・・」
  ダウランド/流れよ、わが涙(ラクリメ)
   ロバート・ジョンソン あなたは見たのか、輝く百合を
   ロバート・セシルへの手紙〜抜粋2「・・かつてジョンソン氏が亡くなられた折・・・」
  ダウランド/いと高貴で偉大なるデンマーク王クリスチャン4世のガリアード
  ダウランド/一番低い木にも梢はある
   ロバート・セシルへの手紙〜抜粋3「・・私が望んだように・・・」
  ダウランド/ご婦人用の見事な細工物
   ロバート・セシルへの手紙〜抜粋4「・・そこからヘッセン方伯のところへまいりました・・・」
  ダウランド/ファンタジア
  ダウランド/来たれ、重い眠り
  ダウランド/失われた希望のファンシー
   ロバート・セシルへの手紙〜抜粋5「・・またそこから私はイタリアをぜひ見たいと思い・・・」
  ダウランド/さあ、もう一度
  ダウランド/つれないあなたは私の心から
   ロバート・セシルへの手紙〜抜粋6「・・出発したあとで私は・・・」
  ダウランド/もう泣かないで、悲しみの泉よ
  ダウランド/ウィロビー郷ご帰館
  ダウランド/晴れていても曇っていても
   ロバート・セシルへの手紙〜抜粋7「・・スペインの王が来年の夏に・・・」
  ダウランド/暗闇に私を住まわせて
  Vo:スティング,カラマーゾフ
  UCCH1018
  C45

posted by おだまん at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

G.ウィンストン/フォレスト

社会人になって一年目。
あまりにも閉鎖的な社会に孤独的になっていたころ
日常の中にあったアルバムです。
ちょうど秋が深まるころでした・・・

半年先が見えているかそうでないかの違いはありますが
今、同じような閉塞感を抱えています。
(今のところは閉鎖的ではないのですが)
あの頃のつらさを思い出しながら、今を頑張ろうと思います。


BVCW-708.jpg  

るんるんフォレスト
  1. カラマツ
  2. 禁じられた森
  3. 吟遊詩人
  4. ゆりかご
  5. 朝のうち曇り
  6. 最後の子守歌
  7. モン・アンファン
  8. 帰り道
  9. 幻に誘われて
  10. ウォーキング・イン・ジ・エアー
  11. ビルディング・ザ・スノーマン
  12. スノーマンズ・ミュージック・ボックス・ダンス
  13. バレリーナへのラブ・ソング
  14. 木漏れ日
  15. ジャパニーズ・ミュージック・ボックス
  16. 夜空
  Pf:G.ウィンストン
  BVCW628
  CD
posted by おだまん at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

ウィンダムヒル/バッハ作品集

夏ばて?か疲れた体にウィンダムヒル。

ニューエイジのバッハといえども
クラシックの精神を損なっていない点はさすがです。

疲れた体にバッハのビートが伝わってきて安心感。
心が落ち着きます。

大好きなナイトノイズもはいってるのもウレシイです黒ハート

B000BM6IXU.jpg

るんるんウィンダムヒル/バッハ作品集
  1.ポール・マッキャンドレス/カンタータ第156番~アリオーソ
    シンフォニアBWV156
  2.ゲイル・ルヴァント/トミー・モーガン/平均律クラヴィーア曲集第1巻   ~プレリュード第1番ハ長調BWV8463
  3.スティーヴ・アーキアーガ/同~プレリュード第2番ハ短調BWV847
  4.アンディ・ナレル/主よ,人の望みの喜びよBWV147
  5.ナイトノイズ/リュート組曲ホ短調BWV996~ブーレ
  6.フィリップ・アーバーグ/平均律クラヴィーア曲集第2巻~
   プレリュード第21番ヘ短調BWV881
  7.モダン・マンドリン・カルテット/ブランデンブルグ協奏曲第3番
   ト長調BWV1048~
   アレグロ
  8.ティム・ストーリー/フルートとチェンバロのためのソナタ第2番
   変ホ長調BWV1031~シチリアーノ
  9.アダム・ロジャース/リュート組曲ホ短調BWV996~
   プレリュードとプレスト
  10.ショーンヘルツ&スコット/管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068~
   G線上のアリア
  11.アレックス・デ・グラッシ/無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007~
    プレリュード
  12.リズ・ストーリー/平均律クラヴィーア曲集第1巻~プレリュード第3番    嬰ハ長調BWV848
  13.クリス・ボッティ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番イ短調BWV1003~    アンダンテ

posted by おだまん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

回鍋LowBrass第4回定期演奏会

吹奏楽団のユーフォの人の所属するバリチューバカルテットの演奏会です。
本当は練習日だったんですが(^^;

バリチューっていいですねえ。
低音感が実にしっくりきます。
やっぱり私って低音な人なんだなぁと。

この団、アマチュアですが、レベルもとても高いです。
子供が静かにしてくれないのであまり集中できず
残念だったのですが、とってもステキな演奏会でした黒ハート


るんるん回鍋LowBrass第4回定期演奏会
  1.スーザ/エル・キャピタン
  2.戸田顕/ユーフォニアム・チューバ四重奏曲
  3.バッハ/小プレリュードとフーガホ短調BWV.555
  4.天野正道/四重奏曲
  5.デンプシー/4つのシャンソンより
  6.スパーク/ツーパート・インヴェンション
  7.ニーハウス/グランド・スラム
  8.ガーシュイン/ファッシネイティン・ガーシュイン
  
posted by おだまん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

G.ウィンストン/December

心を鎮めるときに聴きます。

今年が始まってまだ数日なのに
切れそうな心をぐっと収めます。

今の私がいるために、とてもとても大切なアルバムです。



るんるんG.ウィンストン/December
  1. Thanksgiving
  2. Jesus, Jesus, Rest Your Head
  3. Joy
  4. Prelude
  5. Carol of the Bells
   - NIGHT -
  6. Part One: Snow
  7. Part Two: Midnight
  8. Part Three:Minstrels
  9. Variations on the Kanon by Johann Pachelbel
  10. The Holly and the Ivy
  11. Some Children See Him
  12. Peace

posted by おだまん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

A CHUCK MANGIONE/Land of Make Believe

こんど、うちの団で、「片目の水夫の伝説」という曲をやります。
その原曲を聞かせてもらいました。

この手のジャンルはあまり聞かないのですが、
とてもかっちょいいですね。
他の曲もボーカルやチェロがステキ。

こんなにかっちょよく演奏できるだろうか・・・
ノリノリで行きたいと思いますexclamation


るんるんLand of Make Believe〜A CHUCK MANGIONE CONCERT
  1.LEGEND OF THE ONE-EYED SAILOR
  2.LULLABY FOR NANCY CAROL
  3.EL GATO TRISTE
  4.THE GLORIA FROM THE MASS OF ST.BERNARD
  5.LAND OF MAKE BELIEVE
  822-539-2
  
posted by おだまん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

ウィンダムヒル/ウィンターコレクション

この時期十ン年も聴き続けている一連のウィンタークレクションの第1弾。
ナイトノイズの前身、ビリー・オスケイ & マイケル・オドネルとの出会い
を果たした記念すべきアルバムです。
どれも美しい曲ばかりなんですが、最後を飾る、二都物語。
映画音楽なんですが、バロックトランペットの荘厳な響きが最高に美しい。

今年初めてクリスマスツリーを購入し、今日ライトアップしましたわーい(嬉しい顔)
シリーズで一番好きなジャケットです。

D25Y5112.jpg


るんるんウィンダムヒル/ウィンターコレクション
  1.デビッド・クォーレイ/主よ、人の望みの喜びよ
  2.アイラ・スタイン&ラッセル・ウォルダー/彫刻 II
  3.ウィリアム・アッカーマン/ニュー・イングランド・モーニング
  4.フィリップ・アーバーグ/高原
  5.ビリー・オスケイ & マイケル・オドネル/ノレイグ
  6.リズ・ストーリー/グリーン・スリーヴス
  7.マイク・マーシャル&ダロール・アンガー/バッハ・ブーレー
  8.マルコム・ダグリッシュ/ノーザンブリアの子守歌
  9.シャドウファクスプチ・オーベイド)
  10.マーク・アイシャム/二都物語
  D25Y5112
posted by おだまん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

銭形平次のテーマ

今放映中の松山千春バージョンではなく、大川橋蔵主演、舟木一夫の
♪お〜と〜こだった〜ら〜ひっとつにか〜け〜る〜
というやつです。

CATVで放送中なので録画して見ました。
今度うちの団でやる「ジャパニーズグラフティ]」。略してジャパグラ。
今回は時代劇の曲メドレーで、この曲も入っているのです。
他に水戸黄門の「ああ、人生に涙あり」や暴れん坊将軍のテーマなど
ナツメロ心をくすぐる曲ばかりです。

なぜ、銭形平次のテーマなのか。
実は、この曲、バスクラ吹きにとっては超名曲なのです。
バスクラの音を説明するのに、必ず引き合いに出される曲。
今回演奏するジャパグラでもたった2小節ですがしっかり「ソロ」があります。
#メロディのユーフォのソロも泣かせますけどね〜

そうはいってもなかなかオリジナルの曲を聴く機会もないので
つい録画してみたわけですが。
3歳ムスメがなかなか気に入ったようす(^^;
実際の曲を聴くと、やはりよいイメトレになりますね。
クラシック吹きじゃだめだなぁ〜。
味のある音を出したいな。でもその前に音量がふらふら

本番はスタンディングプレイ。がんばります。。。。

posted by おだまん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする