2015年06月24日

アメリカ物語/J.ホーナー

J.ホーナー、突然の訃報にびっくり。

ここのところ自分にケルトブームが再燃していることもあり
タイタニックのサントラも聴いたばっかりだったのですが、
とても残念です。
タイタニックとかブレイブハートとかはこちらでも取り上げているので、

追悼はアメリカ物語のサウンドトラック。
1986年、スピルバーグ初の長編アニメで、
日本ではジブリの「天空の城ラピュタ」と同じ年の作品です。
30年近くも前でCDも出たての頃だったと思いますが、
まだまだちゃんと聴けます♪
リンダ・ロンシュタットとジェームス・イングラムの歌う主題歌、
「Somewhere Out There」が有名。
挿入歌としてファイベルの同じ歌も印象的です。

#nowplaying #rip #mourning #music #CD


サントラには管楽器がたっぷり使われており、コミカルだけれども、
メロディアスな旋律はやはり彼のもの。
使い回しと揶揄されようが、いいものはいいのだっ。

また、折に触れて聴いていきたいと思っています。
posted by おだまん at 19:31| サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

ブレイブハート

スコットランドのニュース。
ここ数日、見守っていましたが、
独立はなりませんでしたね。
頑張ってほしかったなぁー

というわけで、ここのところ聴いていたのが、
スコットランドの独立のために戦ったウィリアム・ウォレスの生涯を描いた映画、
モア ミュージック フロム ブレイブハート

「ブレイブハート」サントラ -
「ブレイブハート」サントラ -

ナレーションやセリフの入った鷹揚感のあるサントラです。
音楽はJ.ホーナー、主演はメル・ギブソン。
この中に入っているメル・ギブソンの
Freeeeeeeeedoooooooooom!!!という叫びと、
バグパイプとケルトが大活躍の音楽に心躍らずにはいられません。

今回は時期尚早だったのかもしれませんが、
きっとこの魂はまた再燃することと思いました。
時期がきたら、きっと。




posted by おだまん at 18:38| サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

借りぐらしのアリエッティ

ケルト音楽好きとしてはずっと気になっていたものの
いまさら入手したので、こちらもついでに鑑賞♪


借りぐらしのアリエッティ [DVD] / 米林宏昌 (監督)

緑がきれい。絵がきれい。
ドールハウスもそうだけど、ひとつひとつの表現が細かいなぁ。
ねこバスなミーヤもよいキャラだわ(そっくりデスヨネ)
残念ながらリアルで映画は観にいけなかったのですが、大画面で
観てみたかったかな。

セシル・コルベルはケルトとゆかりのあるフランス、ブルゴーニュ地方の
ハーピストで歌姫。
ケルト音楽に傾倒されていたということで、このサントラもケルトの響き満載ぴかぴか(新しい)
ハープの透明感と彼女の透き通った声が、鮮やかな緑を基調とした映画に
自然に調和しています。
癒しというか、エネルギーを吸い込んでポジティブになれる気がする。

そしてあらためて聴いてみて、日本語、上手ですね。
ゲール語をはじめ、何ヶ国語も操る彼女に、東洋の日本語はどういう響きを感じたのでし
ょう。
私たちがゲール語を聞いたときのような感じなのかな・・・

借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック [Soundtrack] / セシル・コルベル (CD - 2010)
posted by おだまん at 21:23| サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

アニメージュ・ベスト・シンフォニー

宮崎駿監督のオオカミ少年的引退発言が世間を賑わせた日、
奇しくも、これに浸っておりました。

20年くらい前のアルバムだと記憶しているのですが
そのスケールの大きさと、感動はそのままでした。

とはいえ、監督が好きというわけではなく、久石譲の音楽が好きなわけですが(^^;
でも、久石さんの他のサントラはたくさんあるけれど、その中でも
ジブリ率はやはり高いです。
この二人の組み合わせ、やはり格別ななにかがあるんだと思います。

実は、トトロのサントラサウンドブックを探していて発掘したもの。
探しても見つからない、迷子の子♪
早く出てこーいもうやだ〜(悲しい顔)

るんるん久石譲/アニメージュ・ベスト・シンフォニー
  1. 海の見える街
  2. プロローグ~出会い
  3. 五月の村
  4. ウルスラの小屋ヘ
  5. 大いなる伝説
  6. グランマ・ドーラ
  7. パン屋の手伝い
  8. おじいさんのデッキブラシ
  9. 風の伝説
  10. ねこバス
  11. 傷心のキキ
  12. よかったね
  13. 時間(とき)の城
  14. となりのトトロ
  15. メイがいない
  16. はるかな地へ…
  17. デッキブラシでランデブー
  18. 谷への道
  TKCA-30263
posted by おだまん at 20:35| サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

となりのトトロ

やっぱり名曲だと思うのです。
この年になっても、まだ、自分仕様で聴いてしまう。
いまだに演奏する機会もあったりするし。

なにかしながら、ついつい口ずさんでしまう、
楽しい気持ちになりますね。

ポニョはまだ観ていませんが(子供たちは観にいったみたいですが
ポケモンの方が面白かったそうで(^^;)
同じ子供向け?映画ながらもこちらには触手が動かないのですが
聴かず嫌いかな?


icon
icon


となりのトトロサウンドトラック
icon
posted by おだまん at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

メイソン・デアリング/フィオナの海 オリジナル・サウンドトラック

るんるんメイソン・デアリング/フィオナの海 オリジナル・サウンドトラック
  1. ローン・イニッシュへの帰還1:靄に煙る山/ゴウナ湖の岸辺
  2. フィオナ
  3. ローン・イニッシュのテーマ
  4. フィオナの歩み
  5. 蟹の見る夢
  6. 遁走
  7. セルキーの歌
  8. フィオナの探索
  9. リーアムとヌーラ
  10. バグパイプの子守歌
  11. ローン・イニッシュへの帰還2:靄に煙る山/ミュージカル・プリースト
  12. フィオナの子守歌
  13. フィオナに挨拶するヒュー
  14. 立ち退き
  15. フィオナとティーグの出会い
  16. 家族のつながり  
  17. 霧の中のフィオナ
  18. 愚か者
  19. ジェイミー
  20. クロージング・クレジット:荒野を越えてマギーの元へ/オランモアは若者たち


こちらは、「フィオナの海」映画版のサントラです。ジョン・セイルズ監督のファンタジーはアイルランドのドニゴール地方が舞台です。
メイソン・デアリングのアイルランド民謡をもとにした音楽は、ゲール語も使われています。原作のスコットランドとはまた雰囲気が
少し異なりますが、ルーツは同じ。
派手ではないけれど、味わい深い1枚です。


posted by おだまん at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

ケネス・ブラナー/魔笛


icon
icon


るんるんケネス・ブラナー/魔笛
  1映画『魔笛』 序曲
  2神様、お助けください! (タミーノ、三人の侍女)
  3おいらは鳥刺し (パパゲーノ)
  4美しい絵姿 (タミーノ)
  5恐れてはならぬ、若者よ (夜の女王)
  6フム!フム!フム! (パパゲーノ、タミーノ、三人の侍女)
  7いとしい人よ (モノスタトス、パミーナ、パパゲーノ)
  8この道をたどれば目指す所へ (タミーノ、声、ザラストロ、ザラストロの家来たち)
  9試練のはじまり (モノスタトス、パミーナ、タミーノ、ザラストロの家来たち、ザラストロ)
  10行進曲
  11おや?おや?おや? (三人の侍女、パパゲーノ、タミーノ、ザラストロの家来たち)
  12復讐(夜の女王のアリア) (夜の女王)
  13どうか死なせて (パミーナ)
  14全世界よ (ザラストロの家来たち)
  15東の空を見て! (三人の童子、パミーナ)
  16ザラストロの勇士たち (ザラストロの勇士たち、タミーノ)
  17さらば、無情な世の中よ (パパゲーノ、三人の童子)
  18パ・パ・パ (パパゲーノ、パパゲーナ)
  19静かに!静かに! (モノスタトス、夜の女王、三人の侍女、ザラストロ、ザラストロの家来たち)
  ジェイムズ・コンロン/ヨーロッパ室内管弦楽団
  ジョセフ・カイザー,エイミー・カーソン,ベン・ディヴィス
  シルヴィア・モイ,ルネ・パーペ,リューボフ・ペドロヴァ
  トム・ランドル,ケール・ワルソン



TOCE-55949.jpg

映画「魔笛」オリジナル・サウンドトラック
icon


サントラといえども、モーツァルトの魔笛そのもの。
英語、ブラナーのナレーションも入り、
ストーリーが分かりやすい。
さすがブラナー。華麗なる演奏に気分が高揚してきます。
映画は残念ながら見られていないのですが、
その壮大さが目に浮かぶよう。
個人的にはザラストロ役のルネ・パーペが◎。



C123-2


posted by おだまん at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

千住明/NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「風林火山」

るんるん千住明/NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「風林火山」
  1. 風林火山−メイン・テーマ−
  2. 侵掠(しんりゃく)すること火の如し(侵掠如火)
  3. 我に力を
  4. 相克と謀略
  5. 生きる事は愛する事
  6. 風林火山−出陣−
  7. 散りふる花
  8. 陰謀と策略
  9. 山駆ける風
  10. 風林火山−愛−
  11. 村の足軽
  12. 摩利支天
  13. 隻眼の画策
  14. 動かざること山の如し(不動如山)
  15. さらば故郷
  16. ほの暗き森
  17. 戦は我が人生の如し
  18. 疾(はや)きこと風の如し(其疾如風)
  19. 徐(しずか)なること林の如し(其徐如林)
  20. 誕生と死
  21. 野望と挫折
  22. 開かれる門
  23. 蒼き月影
  24. 風林火山−生きる−
  25. いざ出陣!決戦の地へ
  26. やすらぎの人
  27. 人生は一睡の夢
  28. 天下が動く!
  29. 風林火山−燃ゆる日輪−
  マリオ・クレメンツ/ワルシャワ交響楽団、
  高関健/NHK交響楽団
  TOCT-26185

s-TOCT-26185.jpg

1以外は、マリオ・クレメンツ/ワルシャワ交響楽団の演奏。
いわずもがな、現在の大河ドラマのサントラ。
スケールがでかいです。
テレビは見ていないんですが、見るべきだったかなと
ちょっと後悔してます。

力がみなぎってくるような、強さ。
そしてやさしさ。

歴史を築いた偉人にふさわしい音楽です。

posted by おだまん at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

映画「ベイブ」サウンドトラック

最近、動物ものの映画づいています。
今週は、テレビでしろくまになりたかったこども、と
あらしの夜に、を見ました。

そして、本日某テレビ局で放映されていたこの映画。
子供たちのチャンネル権の方が強いので爆弾
見ることはできませんでしたが懐かしかったので
音源をひっぱり出してきました。

収穫祭の賞品として農場主アーサーにもらわれた子ブタのベイブが牧羊犬ならぬ、牧羊ブタになろうと奮闘するお話です。
第68回(1995年)アカデミー賞視聴効果賞、第53回(1996年)ゴールデングローブ賞・ミュージカル・コメディ部門作品賞を受賞しています。

音楽監督はナイジェル・ウェストレイク。
テーマ曲がサン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」
第2楽章をパクったものとなっていて、とても楽しい。
これは、高校1年の吹奏楽部の定期演奏会で、吹いた
とても思い出深い曲なのです。

このサントラにはナレーションが入っていて、例えばピーターと狼を聴いているような
楽しい想像を目いっぱいかきたてられる構成となっています。
ほかにも、カルメンのパクリや、ジングルベルが短調になって
いったり・・・楽しい仕掛けが。

BABE.jpg


るんるん映画「ベイブ」サウンドトラック
  1. 話せたら!
  2. はじまりはじまり
  3. 体重当てコンテスト
  4. ママはどこ?
  5. 生活のルール
  6. 罪と罰
  7. 目覚ましアヒル,フェルディナンド
  8. ブタはブタらしく
  9. ママと呼んでもいい?
  10. ブタの丸焼きは最高!
  11. クリスマスが来た!
  12. ブルー・ムーン
  13. 羊番見学
  14. ベイブの羊番
  15. 牧羊豚ベイブ
  16. かわいそうなレックス
  17. 牧羊犬コンテスト
  18. メーの死
  19. ぼく食べられちゃうの?
  20. 話せたら!
  21. 秘密の言葉は“バー・ラム・ユー”
  22. 優勝
  23. よかったね,ベイブ
  CDR1

posted by おだまん at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

映画「パフューム」オリジナル・サウンドトラック

ラトル&ベルリンフィルの話題盤。

弦と木管が主体の優しい雰囲気。
音楽だけを聞いている限りは
血なまぐささを全然感じないのですが、
映像が入るとやはり違うのでしょう。

これは音楽だけで楽しんだ方がよいのかもしれません。

TOCE-55912.jpg


るんるん映画「パフューム」オリジナル・サウンドトラック
  1. プロローグ
  2. パリの街
  3. プラムを持つ少女
  4. グルヌイユの子供時代
  5. 薔薇の抽出
  6. 13番目のエッセンス
  7. 失われた愛
  8. ムーア人の香り
  9. ローラとの出会い
  10. メソッド
  11. パニック
  12. 避難
  13. ローラの殺人
  14. 遂行
  15. パフューム
  16. 群集の抱擁
  17. パフューム -完成
  18. エピローグ -グラースからの旅立ち
  サイモン・ラトル/BPO,ラトヴィア州立cho.
  TOCE-55912
  C87
posted by おだまん at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

サウンドブック/となりのトトロ

今日は、子供の運動会。
先週順延になったのですが、無事に開催することができました。

入退場の行進にも使われていました、行事の定番ですね。
子供用に買ったDVDも繰り返し繰り返し、見ましたが(^^;
オリジナルの映画は高校生のとき!
あのときから変わらぬ気持ちで!!!

サウンドブックとなりのトトロ.jpg


るんるんサウンドブック/となりのトトロ
  1. 風のとおり道
  2. おかあさん
  3. 五月の村
  4. さんぽ
  5. となりのトトロ
  6. まいご
  7. すすわたり
  8. ねこバス
  9. 小さな写真
  10. 風のとおり道
  久石譲

posted by おだまん at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

交響組曲「アリオン」

アリオンには、サントラのほかにも交響組曲というのがあり、
サントラと、趣が全然違い、まさに、シンフォニック。
どの作品の交響組曲よりよくできていると
思うのは思いいれすぎかな。

サントラ聴いていたらどうしても、こっちを聴きたくなってしまった(^^;
実はCDでもっていないのが、とても悔やまれるところです。

ナマで聞いて見たい、というより
一度、演奏してみたい、、、、、、


4楽章目がレスフィーナのうた。


るんるん交響組曲「アリオン」
  1. 第一楽章
  2. 第二楽章
  3. 第三楽章
  4. 第四楽章(レスフィーナの唄)
  5. 第五楽章
  6. 第六楽章

posted by おだまん at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

ネオ・ヒロイック・ファンタジア アリオン オリジナル・サウンドトラック〜青春の彷徨〜

アリオンは安彦良和の作品。1986年3月、アニメーション映画として公開され、ギリシャ神話を題材にしています。

神話つながりで、興味深い作品。
#ガンダムつながりで知っている方もたくさんいるでしょうか。

久石映画は、ジブリだけじゃないんですよ〜。

そして、ヒロインの名前でもある、「レスフィーナ」。
もう、20年もたちますが、数ある久石作品の中で
未だに私の中のベストです。

TKCA-70799.gif

るんるんネオ・ヒロイック・ファンタジア アリオン オリジナル・サウンドトラック〜青春の彷徨〜
  1.地底王ハデス
  2.アリオン・メインテーマ
   アテナとアポロン
   セネカ
  3.アリオン・メインテーマ
  4.戦闘
  5.レスフィーナ
   想い
  6.プロメテウス
   海蝕洞
  7.ポセイドン
  8.初陣
  9.宿命・ハデス
   ポセイドンの死
  10.オリンポスへ
  11.テュポーン
  12.大母神ガイア
    アポロン
  13.レスフィーナとアリオン
  14.ペガサスの少女
  久石譲
  TKCA-70799
posted by おだまん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

ヨーヨー・マ/シルクロード

NHKの新シルクロードのサントラ。
もう、2年前になりますでしょうか。
マと、シルクロード・アンサンブルの仲間たちが
タングルウッドに集って製作が行われたそうです。

チェロという西洋楽器と東洋の民族楽器のコラボレーションが
ぴったりはまっています。

るんるんヨーヨー・マ/シルクロード
  1.モヒーニ(魅惑)
  2.オアシスの昔
  3.遥かなる緑の谷
  4.アハルカリキの踊り
  5.いにしえの都のこだま(起源)
  6.天山の峰々
  7.ツバメの歌
  8.戦の記憶
  9.草原の歌(新たな始まり)
  10コー・アラブ
  11.シカスタ(吟遊詩人の歌)
  12.キャラバンサライの夜
  13.千頭の馬のギャロップ
  14.タラング(波)
  15.慶雲楽
  16.モヒーニ(魅惑)(ソロ・チェロ・バージョン)
  Vc:マ,シルクロード・アンサンブル
  SICC217


posted by おだまん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

J.ホーナー/ディープ・インパクト

今、ディープインパクトというと馬のことを指すようですが
どうしても映画のほうを思い出してしまいます。

巨大彗星の衝突をめぐる人間模様を描いたパニック映画ですが、
音楽はタイタニックで有名な、J.ホーナー。
サントラを聴いていてもタイタニックを思わせます。
あれもパニック映画ですものね。
ホーナーはいろいろな作品がアカデミー賞に
ノミネートされていますが、それはまた後日。


533.jpg

るんるんJ.ホーナー/ディープ・インパクト サウンドトラック
  1.A Distant Discovery
  2.Crucial Rendezvous
  3.Our Best Hope…
  4.The Comet's Sunrise
  5.A National Lottery
  6.The Wedding
  7.The Long Return Home
  8.Sad News
  9.Leo's Decision
  10.The President`s Speech
  11.Drawing Straws
  12.Goodbye And Godspeed
  SRCS8677
  CD

posted by おだまん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

G.ドルリュー/イルカの日

1974年

ちょっと、低空飛行気味なので。イルカの日のテーマに癒されます。
特に3曲目の、トランペット演劇の響きは感無量。
他にテーマをフルートやオーボエなどいろいろな管楽器が美しいメロディを奏でてくれます。

この映画の内容は・・・
イルカに人間の言葉を理解させるべく研究を重ねていた海洋動物学者。その成果が見え始めた時、イルカを利用して大統領暗殺を企てるという陰謀が動き出していた……。フランスの作家ロベール・メルルのSF小説を映画化した異色スリラー。

と、ちょっとコワイがく〜(落胆した顔)内容ですが、そういう内容に限って美しいぴかぴか(新しい)音楽が多いような気がします。

1.イルカの日のテーマ
2.イルカの目
3.再会
4.旗を見つけて
5.四角と丸印
6.ワイアープール
7.しのびよる不安
8.ノクターン
9.追跡
10.島に帰って
11.記者の来訪
12.フェアウエル
13.エンド・タイトル
14.イルカの日のテーマ
15.イルカの日のテーマ(イルカの声入り)

るんるんイルカの日サウンドトラック
 ビクターVIP7230
posted by おだまん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サントラなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする